無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

208
2019/06/13

第2話

🥀💙

あなたのこと 抱き締めたい 。

あなたは化粧してても可愛いけど すっぴん でも 可愛い 。

透明なベールを纏ったような 素肌 。
触れたいな … 。なんて思う俺は変態か。笑


大きな期待も タフな未来 も あなたとだったら 味わって みたい 。

け ん と
け ん と
📞あなた?
You
You
📞んー?
け ん と
け ん と
📞あなたの1番近くは俺のものだよ?
You
You
📞んふふ笑
健人くんから離れる気ないもん
け ん と
け ん と
📞へへ…////
You
You
📞じゃあ、もう眠いから寝るね 。
おやすみっ
け ん と
け ん と
📞おう。
また明日な。
おやすみ
あなた に 見とれてるんだ 。

ー 翌日 ー
け ん と
け ん と
あなた~
You
You
んー
け ん と
け ん と
かーえろ
You
You
ん、

どうしたの。?
無邪気な笑顔が肩を落としてる帰り道 。
け ん と
け ん と
あなたどうしたの?
You
You
ん?
いや、なんでもない
け ん と
け ん と
ゆっくりでいいからさ、たまには頼ってよ。
そのための俺じゃん?
You
You
うん、ありがとう((ニコッ

完璧な ボーイフレンド は まだまだ 遠い道だけど 、

挑んでこそ 成長 するんだよな 。

“ 俺はあなたを幸せにする ”

告白したときに 誓った 。
この誓いは ゆるがない 。

不安はあるけど 、覚悟してる 。

だって あなた が 好きだから 。