第25話

「青龍」に乗りますか
152
2021/10/30 21:41
「楽しかったねー!」

「んね。楽しかった!」

私が笑顔で言うと、颯太が笑顔で返してくれた。

「次どれ乗る?」

「私、あれがいい! あの、目玉のジェットコースター! 青龍だったっけ?」

波奈が無邪気な笑顔を見せた。それを、彼氏の前橋くんが「いいね! 行こ!」と言って波奈の手を取り走り出した。

「あ、待って!」

私と颯太もあわててついていった。ここからそんなに遠くないからはぐれることはないだろう。

「あー、けっこう混んでるね。30分くらいかかりそう」

「まあ待てば良いんじゃない?」

「ねー、じゃあごはん食べるとこ決めとこうよ。波奈ちゃんはなに食べたい?」

颯太に聞かれた波奈は「んー、サンドイッチの気分だなぁ。軽めがいい」と笑顔で答えた。

「茜は?」

「私? なんでもいいよ?」

「じゃあ、サンドイッチとか軽めのが売ってる場所探してみようか」

颯太が園内マップを広げた。それをみんなが覗き込む。

「あ。あるある! ちょっと遠いけど。そこにしようか」

そんなことを話していたら順番が回ってきた。
私自身は絶叫系が得意ではないのだか、まあ仕方がない。


「怖いかなって思ったけど意外と大丈夫だった。面白かったね~!」

「楽しかった! 次来たときは乗る!」


·*"*о.,.·*"*о.,·*"*о.,.·*"*о.,·*"*о.,.·*"*о.,·*"*о.

最後までお読みいただきありがとうございます✨

久しぶりの更新です、申し訳ないです()

更新頻度……上げたいけど時間が……笑笑

感想などあればコメント頂けると嬉しいです✨