無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

⿴⿻⿸
目の前には、今まで電柱にいた2人の姿。
1人は私の同級生。
もう1人は後輩だ。
市原(なまえ)
市原あなた
木兎と赤葦…?
え、え…?
こいつらが私の事を…?
ストーカーってこと…?
市原(なまえ)
市原あなた
どうした赤葦?
頭打った?
赤 葦 京 治.
打ってないです。
俺はあなたさんを守る為に活動しているんです。
市原(なまえ)
市原あなた
うん…
ありがとう。
でももういいからッッ
ダダっ

何あれ何あれ.....
木兎が終始黙りながらにやにやしてたし…


マジで正夢??え??

知恵袋で検索してもそれらしきものは
見つからなかった.

怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い
白 福 雪 絵.
いやお前が怖いっつの.
市原(なまえ)
市原あなた
ねぇ雪絵……

あれはある意味逆ハーレムだよね?

うん!逆ハーレムだ!
やったあああああああああああああ
白 福 雪 絵.
まずい…
あなたの精神が崩壊しているッッ
…ほんとうになんなんだろうか。

今日は部活を休むことにした。