第20話

黒尾さんとの大人の恋part1
あなたは音駒の3年生
黒尾さんの恋人です

*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
なぁ、付き合ってよ
この言葉を言われたのがちょうど高一の夏休みが終わった頃

それから2年経ち今じゃもう高校三年生

今でも仲良く(?)お付き合いしています!
あなた

くーろっ!

私がぎゅっと抱きつくと優しく抱き返しながら
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
誘ってんの?
と冗談交じりに言ってくる

そう、今はクロの家でデート中です
あなた

誘ってないですよー

黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
嘘つけ、キスして欲しいくせに
あなた

…キスは、して欲しいですけど、

黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
素直じゃん
けどだーめ。キスなんかしたら黒尾さん襲っちゃいますから
あなた

なんで?我慢してよ

黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
お前なぁ…俺だって健全な高校生男子ですよ?
あなた

なるほど?

黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
だからとめらんねぇよ
あなた

別にとめなくていいけど

クロは気をつかっているのか最後までしてきたことがなかった

けどもう春高も終わりそろそろいいんじゃないかなって思ってるんだけど…
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
そんなこと言ったら俺あなたのこと壊しちゃうけど
いつもこう言って来るのでキス止まりです

どうすればいいんですかね?















NEXT>>黒尾さんとの大人の恋続き