第25話

牛島さんとの不器用恋愛
あなたは牛島さんの後輩で彼女
白布君と同い年です
*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――
私が牛島さんの練習終わり外で待っていると
牛島 若利
牛島 若利
来ていたなら言ってくれ。
あなた

ご、ごめんなさい
忙しそうだったので…

牛島 若利
牛島 若利
別に謝って欲しいわけではない。
いつもこれです
天童 悟
天童 悟
ちょ、若利くん言い方キツすぎない?
牛島 若利
牛島 若利

じゃあどう言えばいいんだ?
天童 悟
天童 悟
えぇ〜例えばぁ〜
「待たせて…ゴメンな?会いたかった…」とかぁ?
ちょ、近いです…
あなた

/////

牛島 若利
牛島 若利
近いぞ、天童。
牛島さんは天童先輩をぐっと私から引き離しました
天童 悟
天童 悟
ごめんネ、じゃあ邪魔者は退散しまぁーす
牛島 若利
牛島 若利
じゃあ俺達も帰るか?
あなた

はい










先輩だからって言うのと、
とってもすごい人だからうまく話すことができません
どうすればいいんですかね…?








NEXT>>牛島さんとの不器用恋愛