第40話

影山くんは見逃さないpart3
あなた)え、飛雄く、帰ってきて…

影)俺がいるのに1人でするのか?

あなた)待っ、そういう意味じゃ…!

そういう意味だけど

ずんずんと近づいてくる飛雄くんに

動けないで固まっていると

さっきまで自分でいじっていたナカに指を入れられ

あなた)んあっ!//

身体がはねる

影)こうして欲しかったんだろ?

あなた)待っ、ナカ掻き回しちゃらめっ//

自分でしてたのもあって火照っていた身体が

飛雄くんを見てさらに熱を持つ

影)ベタベタ…どんだけしてたの?

あなた)ん、ぁう、さっきした、ばっかだからっ//

そう言って抵抗する私を

持ち前の力で抑え

私の好きなとこを擦る

あなた)ひゃうっ、そ、こはっや//

影)あなたここ好きだろ

あなた)好きじゃなっ///

影)そう言ってるけどナカから溢れてる

そう言いながら指を抜き

私のでベタベタに濡れた指を見せてくる

あなた)やだっ、恥ずかし///

影)こんだけ濡れてたらもう入れても大丈夫だよな?

そう言われてぱっと顔を

飛雄くんのに向けると

もう大きくなってしまっている




















あなた)ん、ぅん//

あなた)私も欲しぃ/////