無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

768
2021/07/22

第8話

𓍯*̩̩͙⸝⋆
(なまえ)
あなた
ちょっとすみません


今目の前にいるイカつい男性3人組に話しかけました.



MOB
あぁ“?、、って!!
MOB
あなたさんッッ!!お疲れ様です!!
(なまえ)
あなた
え?あぁ、お疲れ様です
MOB
なにかご要件が?
(なまえ)
あなた
あーあの~家具運ぶの手伝って欲しいんですよね,いいですか?
MOB
もちろんです!!!



ほーん、、下僕がいるっていいな(



まあそんなこんなで全部タワマンに運んで組み立ててもらいました



(なまえ)
あなた
本当に助かりました、、ありがとうございます!
MOB
いえいえ、、!!オレらあなたさん達のこと尊敬してるんス!!
MOB
だからなんかあった時は俺らのこと頼ってくだせえ!!!!
(なまえ)
あなた
それはありがとうございます笑


そう言って居座り続けられそうだったので失礼だけど追い出しました.





プルルルル…プルルルル…






(なまえ)
あなた
あ,突然すみません!
美薇
美薇
おー,どうした?
(なまえ)
あなた
目黒の家の片付けが終わったので是非来てください!
美薇
美薇
あー悪い,今日は行けなそう.だからまた後日改めて行くわ
(なまえ)
あなた
(うぅっ、、びえええんッッ)わッかりました!!



プツン、、プー プー





虚無感.美薇さんお忙しいですもん、、そりゃあ用事くらいありますよね、、、、










って事で1回六本木のお家へ帰ります




いわゆる里帰りです(目黒いて1日)















またまたそこら辺にいる男を捕まえて家まで送ってもらおうと考えたので




(なまえ)
あなた
すみません



そうMOBさんに声をかけた時



灰谷蘭
灰谷蘭
おねぇさ~ん


なんか違う方に声をかけられました.



するとMOBさんは



MOB
ヒ、ヒィッ、、あなたさんッ、すみません、失礼しますッ!!!



そう言いながら逃げていった.



あちゃー、、、、、



(なまえ)
あなた
あ、はい??
(なまえ)
あなた
なにか御用ですか?
灰谷蘭
灰谷蘭
きれ~だね~
(なまえ)
あなた
え?ありがとうございます、、(?)
灰谷蘭
灰谷蘭
あの男になんか用あったの?
(なまえ)
あなた
あ、いえ別に.それでは、、
灰谷蘭
灰谷蘭
いーよ,俺が送ってってあげるよ?




あれ?私言いましたっけ、、??



まあこの方の善意ですし
(なまえ)
あなた
じゃあお願いしますっ!








その頃モブさん




MOB
ななななんで灰谷兄弟(兄)がいるんだよぉぉおおおぅっ!?(ガタガタ)🥺




next