無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

seven

@breakfast__ジンmain


今日は、오빠がオフの日ということで、

彼女ちゃんは、いつもより早起きして、

朝ごはんを作っています!!



いつもは、ジンが忙しいのに、毎朝作ってくれてるんです。


なんで、あなたちゃん、料理初心者ㅋㅋ



でも、眠い目擦りながら、あなたちゃんなりに頑張ってるんですよ!!


You
You
んー、ネムネム(ノω<).。oOO

トースト焼いて、目玉焼きするか、、、
ん、卵焼きかな、、、あの、あれはなんなんだ!?
↑いや、目玉焼きと卵焼きの違いさえ分からないのねㅋㅋ


で何とか、🍳コレ作りましたぁ!!

(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ★
You
You
で、次は、
あっ、スープ作ろ!!うん、何からするんやろ、
ってことで、cookpad開いて、

スープ作ります!!
野菜を切る、ザクザク、、、

炒める、ジャ-、ジャ-、、、

って、頑張ってやってたのよね、、、



そしたら、

ジン
ジン
あなた、おはよう!!
大丈夫??怪我しないでね!!
って、いきなり気配消して、

ただいま、私の肩に오빠が顎乗せてる!!

↑なんか、憧れるわㅋㅋ
You
You
오빠、おはよ!!
怪我しないから、大丈夫だよぉ、

せっかく休みなんだから、
もうちょい寝てて良かったのに、
ジン
ジン
いや、めっちゃ美味しそうな匂いしたから、
ほんとに怪我したら、ダメだよ!!
あなた、ほんと危なっかしいから、

ってか、あなた意外と料理出来るじゃん、
You
You
でしょー笑
って、朝からラブラブしてるㅋㅋ

で、次はと、

You
You
んんっ?スープの素、、、

え、うちそんなものないゾ、、、え、やばくね、( ˙-˙ )
そしたら、ジン氏、彼女ちゃんが慌ててるの気づいて、

ジン
ジン
どーした?大丈夫??
って、
You
You
味付けがぁぁ、、、
って言ったら、

なんか、ジン氏、塩だのコショウだの使って、味付け始めたのよ、


そして、大体終わったかな、と思った彼女ちゃん、味見しました、

You
You
うまぁ(๑´ڡ`๑)♡
いままでに食べたことないほど、美味い!!
오빠の料理のうまさを、感じてます!!



うん、出来た!!








と思ったら、なんとぉぉジン氏

大量のゴマ油持ってきて、


(っ'ч')╮ドバァァァって入れるのよ、、、



うん、風味が凄いㅋㅋ
ジン
ジン
出来た!!
え、うん、これ食べるのか、、、



まー、せっかく作ったんで、食べます!!




"いただきまーす!!!!"

You
You
ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”


ん、いつもの味だ、なんでだ??
まさか、、、



오빠、いつもあんなにゴマ油入れてたの??
ジン
ジン
うん、もちろん!!

美味しいでしょー!!

ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”
ちょっと、ゴマ油の量には、驚いたけど、


やっぱ、오빠の料理が大好きなあなたちゃんでしたぁ!!



_______________________
作者デス。
作者デス。
リクエストありがとうございました!!

どうでしたでしょうかㅋㅋ


とても幸せそうなカップルでしたね♡



まだまだ、リクエスト募集中ですよ!!
よろしくお願いしますm(_ _)m

では、また次回!!

でわわ、안녕~!