無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

twenty two


@ヤキモチ__ジミン main


私の오빠のじみんは、

結構な寂しがり屋さんというか、

嫉妬深いというか、



とりあえずは、

自慢の오빠なんですけど、



色々とかわいいんです!!

うん、可愛すぎて、困ってるあなたちゃん





嫉妬してても、

口で言わずに、行動で出てるから、

もうねぇ///ㅋㅋ




とりあえずさ、

彼女ちゃん、反応可愛すぎて、生きるのが辛いㅋㅋ





ってことで、
仕掛けていこうとするあなたちゃんwww


파이팅٩(ˊᗜˋ*)و





悩みに悩んで、あなたちゃん、

とりあえずアイドルとか見よっかなー

ってㅋㅋ




はい、じみん氏と二人きりの部屋で、

ニコニコしながら、

ユンギさんの写真眺めてます



もちろん、じみん氏気になりますよねwww




ジミン
ジミン
|。・ω・。`)ジー


とりあえず、めっちゃ凄い視線が、、、




立ち上がったかと思ったら、

静かにソファーに来て

隣に座って来るのよ、






↑いや、さりげなく見てるつもりかもだけどさ、、、

(写真消えてたら、ミアネ(´._.`) )





もう、心臓撃ち抜かれるのかってくらい視線がさ、、、





오빠が、何見てたのか気づいてから、

相当こわいオーラ混じりに

先ほどよりも凄い視線を感じるのよね、、、



もう、あなたちゃんの心の中、

ゆんぎ氏に助け求めてます!!←何故にww







ジミン
ジミン
あ、ゆんぎヒョンだー^^*



とか、いきなりキャラ変わったと思って、

横見たら、

オーラそのままで笑ってるから、

やっぱ怖いよねwww



今更、仕掛けたこと後悔してる、



でも、あなたちゃんやるからには、
頑張ります!!



You
You
カッコイイでしょ!!♡
ジミン
ジミン
ふーん、俺より??
You
You
ま、まぁ、そりゃーねぇ

↑今、動揺しましたよㅋㅋ
もう、あなたちゃんの心臓バクバクですねwww
ジミン
ジミン
ねぇ、携帯貸して!!
You
You
오빠の使えばいいじゃん!
ジミン
ジミン
えっとー、
俺のなくなった!!
You
You
右ポケット
ジミン
ジミン
あ、はい、、、


じみん氏も、次の策考えてます、、、



でも、なかなか思いつかないのよね、、、


でも、言葉で言うのは恥ずかしいし、、、



仕方なく、
遠回しに言葉にしてみることにしたじみん氏。


ジミン
ジミン
ねぇ、あなた、
ジミン
ジミン
ゆんぎヒョンばっかり見るあなた、
好きじゃない、
You
You
え、
↑言葉にした오빠に、驚きが隠せない、、、



あなたちゃん、びっくりしてる間に、

携帯取られて、오빠何かいろいろしてます




5分くらい、携帯返して貰えず

戻ってきて、

写真ファイル見たら、



ゆんぎの写真が、、、


全部오빠の写真になってるっていう、





そして、隣にいるのに、

じみん氏、彼女ちゃんに家督送ります。



ジミン
ジミン
"いくらヒョンでも
俺以外の男の人見て、
ニコニコは良くないよね??

あなたって、俺のって言う自覚ある??

ってか、普通に妬いたし、、、"


って、送ってくるのね、



うん、あなたちゃん満足そうですねwww




この後、ずっとじみん氏

自分の写真を見てくれてるあなたちゃんを

満足そうに見てたそうですwww




可愛いと思ってたじみん氏の

怖いとこを知っちゃったあなたちゃんでしたㅋㅋ






✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼


長くなってしまった、、、

なんか、

あなたちゃんに手出す男の人居たら、

じみん氏、殺す勢いで来るよねㅋㅋ


嫉妬深さが、、、ㅋㅋ


また次回!!

でわわ、안녕~!!