無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

four
@風邪__Jungkook main



朝、目覚めると、なんか体がだるいし、

熱っぽいあなたちゃん、、、



熱測ってみたら、37.9℃、

うん、寝よう。




ってことで、ベッドに入ろうとしたあなたちゃん、


そしたらね、


ピンポーン
You
You
え、誰だろ、
って、重い足取りで玄関開けます。


そしたら、あなたちゃんの오빠ぐぅがいるんです!!


グク
グク
おはよ!
ね、今日さ、えいg___大丈夫?
って、彼女ちゃんの様子に気づいてくれる、

You
You
うん、ごめんね、
また、今度ね、
って言って、ドア閉めようとしたら、
グク
グク
えっ、いや、待って、
俺さ、お前の彼氏なんだけど??
看病くらいさせてくんない?
You
You
いや、오빠に風邪移ったらダメだし、
いいよ、
って、あなたちゃん言うけど、

結局、ぐぅ、入ってきて、いつも以上に、

彼女ちゃん気遣ってるのよ、

グク
グク
あなた、水いる?薬も買ってきたから、
グク
グク
何か食べる?
グク
グク
大丈夫かー?
って、

頭撫でてくるし、彼女ちゃん、

いつものぐぅと違いすぎて、戸惑うよねㅋㅋ


で、彼女ちゃん、そのまま寝ました、



夕方___


あなたちゃん、目覚まして、起きたら、

上にぐぅちゃん寝てるのよ!


You
You
かわいいっ、、、
って、見つめてたら、

ぐぅも起きて、
グク
グク
あっ、起きた?
熱下がったか??
って、おでこコツンって合わせてくるよのね


You
You
、、、ッ///
彼女ちゃん、

またそれで熱っぽくなっちゃうよねwww
グク
グク
まだじゃん、

ちょっと下がったかな、うん、

良かった、
って、いつもは見れないぐぅちゃん見れて、

幸せなあなたちゃんでしたぁ!!







熱下がったら、塩なぐぅに戻ったんだけどね、、、



それでも、2人とも仲良すぎるのよねㅋㅋ
_______________________
作者デス。
作者デス。
ちょっとは、短くなったかなㅋㅋ

まぁ、ちょっとは慣れてきたかも、


まぁ、頑張って行くわ!!


でわわ、안녕~!!