無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

nineteen


@birthday___ユンギ main





今日は、


오빠の誕生日なんです!!





でも、あなたちゃん、

昨日喧嘩しちゃって、、、




こういう時、

오빠、感情表現するの、あんま得意じゃないって分かってるから、


あなたちゃんもどーしよ、、、ってなってる、







いよいよ明日って時に、

喧嘩しちゃうなんてね、、、





あなたちゃんなりに

考えて、考え込んで、やっと出たのが、





サプライズパーティです!!!!






なぜこれなのかは、よく分からないけど、


ビビッってきたらしいㅋㅋ






오빠怒らないかな、、、

あなたの事、嫌いにならないかな、、、


なんて、考えながら、


明日の準備するんです、、、





一応、メンバー達にも、

時間つくって貰って、




あなたちゃん、就寝、、、






翌朝____




朝起きたら、


오빠は、もう家出てっちゃってて、


泣きそうになっちゃうあなたちゃん。






このまま오빠帰ってこなかったら、どうしよ、、、







涙、グッとこらえて、


深呼吸して、今日の準備します。








오빠の好きな料理で、テーブル埋めて、

もちろんバースデイケーキだって

作ります!!







頭の中は、

ずっと오빠のことでいっぱいで、、、



不安でいっぱいだけど、

あなたちゃん、

笑ってくれる오빠想像しながら、

一生懸命作ります!!







14:00



一応、開始予定時刻は、17:00


メンバーに確認のため、家督してみる。


今日は、오빠達、

ファンミの準備って言ってたから、

全員でいるはずです!!


少し緊張しつつ、家督してみる。



@오빠のbirthday(7)┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
You
You
今日、17:00集合でお願いします!!
ホソク
ホソク
分かった!!
グク
グク
了解です!!
テテ
テテ
分かりました!!

ところで、ゆんぎヒョンって、
ちゃんと連絡してあるんですか??
You
You
あ、忘れてた。

ほんとに申し訳ないんだけど、
一緒に連れてきて貰えたら嬉しいです、、、
ナムジュン
ナムジュン
分かった!!
ジン
ジン
僕に任せて!!!!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈




メンバー達との会話に、

少し安心するあなたちゃん。






そして、プレゼントの確認します!!






実は、2週間も前から、準備してたんです!!




プレゼントは、"ペアリング"!!






後ろには、


お互いのイニシャル入れてもらって、


一緒につけようって考えてるんです。





でも、


私からこんなの貰っても迷惑じゃないかな、、、


って、ちょっと不安も残る中、




とりあえず、箱に入れて、リボンでラッピングします!!





そんなこんなしてると、


只今、16:40。




あなたちゃん、緊張してきます、








そんな時、携帯がなります!!


@오빠のbirthday(7)┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



ジン
ジン
あなた!ごめん!!
You
You
え、ジンさんどうかしました??
グク
グク
ゆんぎヒョン、

用事あるって帰っちゃたんです、、、
ジミン
ジミン
僕達、止めたけど、

どうしても外せないんだって言って、、、
You
You
あ、分かった、、、ありがと、
テテ
テテ
今日、どうしますか??
You
You
一応、料理とか作っちゃったしな、、、

来れるなら、来て貰える??
ナムジュン
ナムジュン
了解です!!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈





あなたちゃん、

오빠の誕生日まで、一緒に過ごせないなんて、


ほんとに嫌われちゃったんだなって、

さすがに我慢出来なくなって泣いちゃいます、、、






10分後、

メンバー達が揃って来ました、、、




急いで涙拭いて、

出来るだけの笑顔つくって、

迎え入れるあなたちゃん。


ジン
ジン
お邪魔します!!
ジミン
ジミン
お邪魔します!!
You
You
どうぞ~、
グク
グク
ほんとにごめんなさい。

無理して笑わなくてもいいんですよ!


そんな言葉に泣いちゃうあなたちゃん。




テテ
テテ
あなたちゃん、、、

絶対、ゆんぎヒョンは、あなたの事嫌いにならないですよ!!
ジン
ジン
ゆんぎって、

ああ見えて、休憩時間とか、あなたの話ばっかしてるしㅋㅋ
ナムジュン
ナムジュン
ゆんぎなら、大丈夫!!



そう励ましてくれるメンバー達に

安心するあなたちゃん。





そんな時、家督が来ます。





@ゆんぎ오빠┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



ユンギ
ユンギ
今から帰る



そう一言送ってきた오빠に、


You
You
分かった、
気をつけてね!!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈




って、送って携帯閉じる。




あなたちゃん、

メンバー達に、その事伝えて、



一応サプライズパーティーの準備するメンバー達。






でも、あなたちゃん、


不安と心配でいっぱいになっちゃって、



ついには、部屋にこもっちゃうっていう、、、






メンバー達、どーしよ、、、ってなるけど、


そんな中、

ゆんぎ氏帰ってくる音するから、




一応、クラッカーの準備するのよ、











ガチャ___




パーン、、、🎉




BTS(ゆんぎ以外)
誕生日おめでとうございます!!



ちょっと驚きながら、


ユンギ
ユンギ
お前らなんでここいるの??

ってなる、ゆんぎ氏。



ジミン
ジミン
あなたが、

サプライズパーティー企画したんですけど、、、
ユンギ
ユンギ
あなたは、今どこ?
ホソク
ホソク
部屋の中です。
ユンギ
ユンギ
悪いけど、今日は、、、
ジン
ジン
帰りますね!!

失礼します。
ユンギ
ユンギ
あ、ありがと、、、


って、帰ってくメンバー達。




そして、ゆんぎ氏、


あなたの部屋の前に行きます。






トントン_

ユンギ
ユンギ
あなた、入るぞ、、、



そう言って、部屋入ったら、


泣いてるあなたがいて、、、





ゆんぎ氏は、


バッグから何か取り出して、あなたちゃんに差し出します。



You
You
私に__?


頷く、ゆんぎ氏、




箱を受け取り、

開けると、中には小さなメッセージカードと、


この前、私が欲しがってた腕時計が入っていた、




メッセージカードには、


"ごめん。いつもありがと"



って、不格好な字で書いてありました。





ユンギ
ユンギ
昨日だって、俺が悪いのに、、、

ほんとにごめん、、、
ユンギ
ユンギ
あなたの事、好きなのに、

いつもあなたにばっかり、無理させちゃって、、、
You
You
ううん。

私こそ、ごめんね、、、


私も、오빠の事大好きだよ!!
You
You
今日ね、

私、오빠に嫌われちゃったかと思って、

誕生日祝おうって思ってたんだけど、

用事で来れないって聞いて、、、
ユンギ
ユンギ
あ、俺、これ買いにいってて、、、


でも、絶対あなたの事、

嫌いになんてならないから!!
ユンギ
ユンギ
あなたの事、世界一大好きだしッ////

あなたしか、考えられないしッ、、、


なんて、言いながら、

ニコッって、笑ってくるから、

あなたちゃん、顔真っ赤になりますㅋㅋ







そして、2人で誕生日パーティして、


素敵な一日を過ごしました!!







翌日___


ユンギ
ユンギ
おはよ、
昨日は、悪かったな。
ジン
ジン
いえいえ、大丈夫でしたか??
ジミン
ジミン
あ、ゆんぎヒョン、

その指輪、オシャレですね!!


そう言ったら、

ちょっと照れくさそうに、



ユンギ
ユンギ
これ気に入ってるんだ



って、ニコニコしながら言うから、


メンバー達、察して、



なんだかんだ、

ゆんぎ氏とあなたの幸せ祈りました!!



作者デス。
作者デス。
今回、ほんとに長くなったㅋㅋ


でも、ほんとにやばい!!

作者、
書きながらにやけてましたwww



なんか、

リクエストとかあったら🌾お願いします!!
(○○mainで!!的なやつ)


でわわ、안녕~!!