無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

five

@イタズラ__ホソク main




私の自慢の오빠 ホソクは、

寂しがり屋さんなんですㅋㅋ



なんで、彼女ちゃんは、

ドッキリをしようと考えましたぁ、



さて、どんなイタズラをするのでしょう、







なんか、あなたちゃん、

ホソクが嫉妬するとこ見たことないそうなんですよね、



ってことで、

"嫉妬させよう大作戦" \(^o^)/ハジマリハジマリ
ホソク
ホソク
ねえ、あなた~!!
今日さ、買い物いこーよ!!
You
You
あっ、ごめん、
今日さ、テヒョニ오빠と買い物行かなきゃなんだぁ😆
↑めっちゃ嬉しそうに言うよねㅋㅋ
演技派かもwww
ホソク
ホソク
え、テヒョンと、、、



うん、分かった!!じゃあ、楽しんでね!!


プルルルル、、、プルルルル、、、______________
You
You
あっ、오빠だぁ!!

よぼせよォ!!
テテ
テテ
あっ、あなた、

お前まじでやんの、
You
You
いいじゃん((ボソッ

오빠~!!じゃあ、外で待っとくね!!
テテ
テテ
お、おう、

_______________________
楽しそうなあなたを見て、

ホソク泣きそうなんだけど、、、

彼女ちゃんを信じようって言い聞かせて、

我慢してるのよㅋㅋ



そして、彼女ちゃん、ホソクが

プルプルってなってるの気づいたけど、

そんまま、玄関行っちゃうのよね、




そしたら、
ホソク
ホソク
ほんとに行くの?
って、聞いてくるから、

彼女ちゃんこれだけでも満足なんだけど、わざと
You
You
なんで?行っちゃダメなの?
って、そしたら、ホソク

また我慢しちゃって、
ホソク
ホソク
いや、、、何となく、、、

気をつけてね!!

ガチャン🚪、、、
いや、なんかホソクめっちゃ悲しくなっちゃうんだけどね、、、


で、一方、あなたちゃんはと言うと、、、

You
You
テテー!!
오빠って嫉妬どうやったらするかな、
テテ
テテ
んー、あっ、

ちょっと待って!!
携帯出して、

カシャ、カシャって写真撮って、

#彼女とデートなう ってつけて

テヒョン君Twitterにあげちゃった、、、

You
You
マジかよww
多分、気づかないと思うけどwww
とか、言ってますけど、

ホソクあなたちゃん恋しすぎて、たまたま、

twitter見てたんですよ、、、


そしたらね、うん、見ちゃった、、、



いや、もう泣くよね、、、
ホソク
ホソク
あなたッ、、、😭


で、さすがにあなたちゃんもホソクに会いたくなって、帰るのよ、






でもさ、ドアの前立ったら、

泣き声聞こえてきて、どうしよってなっちゃうよね、
You
You

오빠、、、ただいま、、、
ホソク
ホソク
、、、
You
You
오빠??
ホソク涙拭きながら、無言で

あの写真の画面見せてくるわけよ、

You
You
오빠、ごめん、

私、今日わざとテヒョンと仲良くして

오빠を嫉妬させようとしたんだ、、、
ホソク
ホソク
え、



あなた本気で言ってる??

あのさ、俺がいままで嫉妬してないとでも思ってたの?
You
You
(。_。`)コク、、、

だって、오빠いつも何も言ってこないし、

嫉妬しなi__ッ////
오빠は、いきなりキスしてきた、

ホソク
ホソク
そんなこと、言ってると知らないよ?
って言って、

寝室にお姫様抱っこして連れてかれました、





そのあとは、

皆さんの予想におまかせしますㅋㅋ



まぁ、なんにしろ素敵なカップルでした!





_______________________
作者デス。
作者デス。
また、長くなってしまいました、


うん、もういいや笑

諦める、うん、


まぁ、次もお楽しみに!!


でわわ、안녕~!!