無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

soumaの憂鬱
Rちゃん
Rちゃん
ねぇ、〇〇の事好きでしょ?
自分
自分
ゴメンナサイ、急にどしたん?
Rちゃん
Rちゃん
だって〇〇と居る時のsouma、明らかに狙ってる感じだもん
自分
自分
好きだけどさ、それはもう(友人)は知ってるよね?
Rちゃん
Rちゃん
あとカラオケの時とか…▲▲とか〇〇の事狙ってるから楽しくなかった。
自分
自分
俺も楽しくなかった
Rちゃん
Rちゃん
でしょ?分かるよね?
自分
自分
ううん、楽しかったけど俺の友達を悪く言うのは本当にヤダ。やめてくれ、折角楽しく皆で行った意味が無いじゃん。
その後の返事はなく、会話もなくまた皆でカラオケに行く話が出た。
俺は断ろうかと思ったが〇〇から呼ばれたので行く事にしたが。
Rちゃん
Rちゃん
今さ、〇〇と居るでしょ?
Rちゃん
Rちゃん
ねぇ、何皆でカラオケ行ってんの?
Rちゃん
Rちゃん
私は?友達なのに誘ってくれないんだ?へぇ…soumaってそんなサイテーな人だったんだ?
自分
自分
何とでも言えばいい、俺はそういう人間だって決めつけてもいい。でもさ、それは違くない?自分で一緒に行ったメンバーにつまんないって言ったんだろ?今日は行きたくないって言うから(友人)を誘わなかったんだよ?
Rちゃん
Rちゃん
soumaって正論ばっか並べててウザい
自分
自分
ゴメンね。
その日の内に家に行き謝ると、友人は笑顔で告げた。「帰ったらLINE見て、伝えたい事があるんだ♪」
LINEで彼女が告げた事は。
俺はスマホを見て凍りついた。
Rちゃん
Rちゃん
私ね、〇〇も好きだけど、〇〇先輩も好きなんだ〜\(//∇//)\
〇〇先輩は俺の大親友、Mちゃんの彼氏。
しかも友人ちゃんも二人がカップルなのは知って居るのだ。
自分
自分
〇〇先輩って…Mちゃんの彼氏だよな?
Rちゃん
Rちゃん
あ、そうなの〜?今私、LINEで告白電話しちゃった〜(^^)
しちゃった〜(^^)
じゃねぇんだよアホンダラァァァ!
何で人の彼氏に告白電話してんだ!お前〇〇好きじゃねぇのかよ!何で揺れてんだよ!
〇〇だけにしとけよ、先輩大迷惑だよ!
自分
自分
…それ、Mちゃんに失礼だよ
…何て上のツッコミは言える訳もなく。
一応ぎゅっと凝縮した文を送った。
すると…
Rちゃん
Rちゃん
もしかして、soumaってMちゃん好きなんだ?それとも先輩?それとも私?
自分
自分
君はないね
一つ言わせてくれ。(^^)
…何で選択肢にお前が入ってんだオラァァ!
選ばねーよこちとらお前に興味はねぇよ、勘違い甚だしいぞアホかお前!
しかもMちゃん好きなの?って知るかよ!いつ言ったんだよそんな事‼︎
選択肢に男女両方入ってんじゃねーか俺の性別は何だ⁈男と女の中間に存在する神か⁈
Rちゃん
Rちゃん
あ、分かった〜
私の事狙ってるんだ〜\(//∇//)\
自分
自分
いやいやいや…
無いって言ったじゃない⁈
貴方お話がまさか聞けない子なのかしら⁈
あらまぁビックリだよ!スゴいね!褒めたげるよ!
勘違い選手権で間違いなく優勝だよ!
Rちゃん
Rちゃん
でもゴメンね、私、後輩に人気がある貴方は無理なんだ〜
自分
自分
そうですか…
フラれたんですけどぉぉぉ⁈
全く気の無い方からフラれたんですけど⁈
名前付けるなら
『可哀想なsouma君、人生で一度も告白してないのにフラれちゃったね事件』だよ!俺の中の新聞の一面にデカデカと載せられる事件だよ!
俺が後輩から人気があるのは知らない。
ただ、仲良しな後輩は沢山居る。
アニメやらアイドルやらゲームやら…中には悩みを聞いてあげて仲良くなった子もいる。
だけど、それを言っちゃうとね?
〇〇先輩も後輩からめちゃくちゃ人気ありますけどぉぉぉ⁈貴方バカですかぁぁぁぁ⁈

ヤベ。
終わり時見えなくなった。
また何かあればコレのツッコミを載せる。
今回はここまで。_(┐「ε:)_
自分
自分
またね、皆。