無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

84
2021/09/30

第5話

聖なる夜じゃないけれど(※🔞)
彼らが帰り、午後7時
わたし
わたし
ごちそうさまでした
キヨ
キヨ
風呂入ってえっちしよっか
わたし
わたし
いいよー?
キヨ
キヨ
服置いとくから風呂はいってきな
わたし
わたし
やさしー
わたし
わたし
ありがと


歯を磨き、メイクを落として入浴
わたし
わたし
ん?
すりガラスのドアから若干見える人の影
わたし
わたし
キヨくーん?
キヨ
キヨ
ん?!
わたし
わたし
なんでもない
服を持ってきてくれたのかな、と思いお風呂を上がる
わたし
わたし
…まじか








濃いピンクの下着に、警官コスプレセット。





わたし
わたし
はぁあ




驚き桃の木山椒の木。

しかもまさかの、マイクロビキニ風の下着。





わたし
わたし
なんでよ、
不満と共に着替えると
わたし
わたし
案外似合ってんじゃん!



短いスカートに網タイツ。彼好み感が溢れ出ている。

わたし
わたし
やだわぁ

髪を乾かしポニーテールに、メイクはしないが
プルプルのリップに、軽くあげたまつ毛。



いざ出軍
わたし
わたし
キヨ
キヨ
ん?あ
キヨ
キヨ
似合いすぎじゃない?w
わたし
わたし
何笑ってんの殺すよ
キヨ
キヨ
こわ
キヨ
キヨ
可愛い
わたし
わたし
どっち
キヨ
キヨ
可愛い
抱きつかれる
キヨ
キヨ
あなたの網タイツだいすき
わたし
わたし
嫌なんだけどね
キヨ
キヨ
なんで?!
わたし
わたし
だって…足太いもん
キヨ
キヨ
それが好きなんだよ…分かってないなぁ
キヨ
キヨ
さっさとベット行くよ
わたし
わたし
わ、
そのまま抱き抱えられ、ベットにおろされる
キヨ
キヨ
髪括ってるの、外せば?
わたし
わたし
たしかにね
ポニーテールをおろす
キヨ
キヨ
かわいい
当たり前かのように押し倒され、何度もキスをされる
キヨ
キヨ
あなたと初めて見たAV、覚えてる?
わたし
わたし
覚えてる…
キヨ
キヨ
警察官のコスプレしてたね?
わたし
わたし
うん
キヨ
キヨ
今のあなたの方が100倍えろい
わたし
わたし
んんっ、
足をスルスルと触られる
キヨ
キヨ
タイツ…可愛いけど挿れれないんだよな
キヨ
キヨ
破るか
わたし
わたし
もう使えなくなっちゃうよ?
キヨ
キヨ
あれ〜またするつもり?
わたし
わたし
ちがうもん、!
キヨ
キヨ
かわいーw
胸に手をかけられ、ふにふにと触られる
キヨ
キヨ
ブラつけてないとやっぱ柔らかいね
わたし
わたし
そう、?
キヨ
キヨ
うん
キヨ
キヨ
もうそれ脱げば?
わたし
わたし
脱がせて、?
キヨ
キヨ
あなたちゃん1人じゃなんも出来ないね
わたし
わたし
キヨくんいないとだめかも
キヨ
キヨ
はぁ、もう
ブチ切れながら脱がされ、下着と網タイツに
わたし
わたし
これ、すっごい薄い
胸と下着の間に指を入れて見せる
キヨ
キヨ
ほんとだね
キヨ
キヨ
それえろいからやめて?
キヨ
キヨ
信じられねぇくらい勃ったんだけど
わたし
わたし
舐めていー?
キヨ
キヨ
いいよ
キヨ
キヨ
…上乗って大丈夫?
わたし
わたし
うん!
服を脱ぐと顔の上に乗られ、口に含む
キヨ
キヨ
大丈夫?
わたし
わたし
逆顔面騎乗。
キヨ
キヨ
あ、やば
キヨ
キヨ
あなたこれやめよう
キヨ
キヨ
俺まじで出そう
わたし
わたし
ふぇ
キヨ
キヨ
あなたちゃん、手でして?
わたし
わたし
おてて、上手じゃないよ、?
キヨ
キヨ
確かに上手いとは言えねーけど、
キヨ
キヨ
それがかわいいから俺には刺さる
わたし
わたし
がんばる!
キヨ
キヨ
よし、できる?
わたし
わたし
んっと
時々顔を覗き込みながら扱う
キヨ
キヨ
あなたっ、むりかも、っ
キヨ
キヨ
でそう、っ!
わたし
わたし
…ふふ、いっぱいでたね
キヨ
キヨ
ふぅー…
ティシュで飛んだところを綺麗にする
わたし
わたし
ぎゅーしよ
キヨ
キヨ
いいよ、おいで
ギューっとすると、脚を絡めあう
キヨ
キヨ
美女は3日で飽きる、とか嘘なんだな
わたし
わたし
そんなにー?
キヨ
キヨ
何年あなたの事好きだと思ってんの
わたし
わたし
わかんない
キヨ
キヨ
ずっと大好きだよ
わたし
わたし
…え、もう終わろうとしてない?
キヨ
キヨ
ごめんごめん続きしよっかw
わたし
わたし
タイツ脱いでいい?
キヨ
キヨ
いいよ
わたし
わたし
っはぁ
キヨ
キヨ
そんなキツかった?w
わたし
わたし
まぁ普通に?
下着も取り外される
キヨ
キヨ
さ、指入れるか、おっぱいでイくか
わたし
わたし
指入れて、?
キヨ
キヨ
3本?
わたし
わたし
なわけないでしょ?
キヨ
キヨ
はーい
2本一気に挿れられる
わたし
わたし
はゔっ、
キヨ
キヨ
あ、ごめん痛かった?
わたし
わたし
ちょっと、だけ
キヨ
キヨ
大丈夫?
と言いながら指を動かし始める
わたし
わたし
んぅ、ぁんっ…きもちい、
キヨ
キヨ
もっと喘ぎな
わたし
わたし
ひゃぅっ、んぁん…イくぅっ、
わたし
わたし
んぅっ…!はぁ、
キヨ
キヨ
えらいね、ちゃんと俺でイけて
わたし
わたし
きよくんじゃないとイけないかも、♡
キヨ
キヨ
…もう、挿れるよ
キヨ
キヨ
脚開いて
わたし
わたし
ん、
生でそこを擦られる。


擦るだけだと妊娠する確率が低いのと、結婚したから
大丈夫だと言う理由から。もちろん私の同意の上。
わたし
わたし
なんかっ、
キヨ
キヨ
なに?
わたし
わたし
変な感じする、
キヨ
キヨ
まだ慣れない?
わたし
わたし
わかんないよ…
キヨ
キヨ
じゃ、挿れよっか
私の腰の下にクッションを挟み、ゴムを付ける彼。

本音を言えば結婚式の後に子供を授かりたいと思って
いる為、一応の避妊はしておく。
キヨ
キヨ
…痛くない?
わたし
わたし
うん
奥まで入ると、腰をパンパンと打ち付けられる
わたし
わたし
はぁぅ…ぃやっ♡、んあっ
キヨ
キヨ
かわいいっ、
キヨ
キヨ
あなた、でそう…
わたし
わたし
いいよ、っんんっ!
キヨ
キヨ
っ!はぁ、
ドクドクと中で出される感覚。
キヨ
キヨ
…なにかわいい顔してんの
わたし
わたし
しらないよ、?
中から抜かれ、ゴムをくくる
キヨ
キヨ
今日はこんだけにしとくか
わたし
わたし
ぎゅーは?
キヨ
キヨ
しようね
わたし
わたし
うん!
キヨ
キヨ
あなた、
わたし
わたし
んー?
キヨ
キヨ
あなたはさ、俺のこと好き?
わたし
わたし
うん
キヨ
キヨ
そっか
わたし
わたし
もう寝よ?
キヨ
キヨ
そうだな
わたし
わたし
おやすみ




続く