無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

49
2021/10/15

第11話

トゥンカロン×紅茶
キヨside

俺の実家に挨拶のつもりであなたを招く
わたし
わたし
お邪魔します
母
あらぁ…久しぶり!
わたし
わたし
お久しぶりです
母
また綺麗になったわねぇ、
キヨ
キヨ
あなたは毎日綺麗になってるよ
わたし
わたし
ふふ、ありがとうございます


俺の家族の前だと大人なあなた。
普段わがままな女の子とか思えない程に清楚。
父
あなたちゃん、これ
わたし
わたし
えぇ〜!かわいい!

俺にはよくわからんが、『トゥンカロン』という
韓国の可愛い版マカロン的なやつらしい
わたし
わたし
トゥンカロンですか?!
父
そうそう、昨日買ってきて
キヨ
キヨ
わざわざ?
父
おう
父
あなたちゃんなら喜んでくれると思って
わたし
わたし
えぇ〜食べてみたかったんです!
父
よかった
キヨ
キヨ

食べて見たかったんなら言ってくれれば良かったのに
と心の中でムスッとしてしまう。
母
紅茶いれるね
わたし
わたし
ありがとうございますー!
めっちゃおもてなしされてるあなた
キヨ
キヨ
座ろ
わたし
わたし
あ、失礼します…
キヨ
キヨ
なんかさー?
わたし
わたし
なーに?
キヨ
キヨ
あなたが俺の嫁として来てるからさ?
キヨ
キヨ
堅苦しくなってんの嫌なんだけど
わたし
わたし
堅苦しくなってた?
キヨ
キヨ
うん
わたし
わたし
お義母さんとお義父さんになるから敬意を持って…
母
堅苦しいw
母
タメ口でいいのよ?
わたし
わたし
昔から敬語だったんで…
キヨ
キヨ
いいじゃん敬語も
母
そう〜?お義母さん壁感じちゃう
わたし
わたし
あっ、お義母さんって呼んじゃって大丈夫ですか…?
母
呼んで呼んで!!!!
キヨ
キヨ
めっちゃ嬉しそう…
母
はい、紅茶どうぞ
わたし
わたし
ありがとうございます
あなたの自然と身についた紅茶の作法

紅茶を飲む時は、いつ見ても綺麗な行動しかして
なくて、流石としか言いようがない
母
ほんっと綺麗に飲むわねぇ
親子で意思疎通してしまった
わたし
わたし
そうですか?w
母
昔から癒されるわ〜ってw
わたし
わたし
ふふっw
母
あ、これ、トゥなんたら!
キヨ
キヨ
トゥンカロンね
母
あんたよく分かるわね?!
キヨ
キヨ
いやさっき聞いたからw
色んな形で色とりどり。10個くらいある。
まじで分厚くてクリームたっぷり。美味そう。
キヨ
キヨ
いただきまーす
一口で食べてみた。あってるか?
わたし
わたし
いただきます
礼儀なのか俺には分からねぇが、今のあなたは
一口が可愛らしい量だ。いつもなら一口で食くせに。
わたし
わたし
おいし〜!
父
おぉ、良かった
いつの間にかここにいた父さん
キヨ
キヨ
めっちゃうまい
父
…和むな
母
ね〜若い頃思い出すねw
父
あ、そうだ!
父
かーちゃんも昔は甘いもの大好きでな、いっつも甘いもの食ってたんだよ
キヨ
キヨ
あなたと一緒じゃん!
母
あら
キヨ
キヨ
あなた甘いもの食べないと死ぬのかな?って感じだし
父
かーちゃんとそっくりだなw
わたし
わたし
そうなんですねw


ひたすら雑談をする
キヨ
キヨ
そっか〜…こっち来たらあなたに会えない時間が出来ちゃうのか
わたし
わたし
そうだね
キヨ
キヨ
…あなた居なくても生きてける自信ない
わたし
わたし
1週間だよ?しかも向かいの家だよ?
キヨ
キヨ
うん
母
ラブラブだね〜
キヨ
キヨ
もちろん、な?あなた
わたし
わたし
えぇ
わたし
わたし
違うんじゃない?
キヨ
キヨ
なんで?!
わたし
わたし
あたし1週間キヨくん居なくても生きていける
キヨ
キヨ
いや、絶対むりだよ?
わたし
わたし
そう?
母
あなたちゃんなら大丈夫そうだけどね
父
お前が無理だろ
キヨ
キヨ
うん、俺は無理
わたし
わたし
キヨくん…重いかも
キヨ
キヨ
俺の愛全部受け取って?w
わたし
わたし
頑張るね…
父
あなたちゃん困らせんなよw
キヨ
キヨ
あなた家だったらいっつも俺にくっついて来るもんね
わたし
わたし
そんなことないけど…
キヨ
キヨ
え?
わたし
わたし
そんなことないです
キヨ
キヨ
…らしいです
父
…なんか、悲しいなお前
キヨ
キヨ
悲しいです
わたし
わたし
家事とか忙しいから…ね?
母
あらぁ、あんたも手伝いな?
キヨ
キヨ
手伝ってるし!!!
わたし
わたし
意外と手伝ってくれてるんですよ!w
キヨ
キヨ
かーちゃん、俺家庭的な旦那だからな!
母
あっそw



続く