第29話

☔️
501
2021/07/11 08:14

ちそんさんと外に出てきた.
🐹
🐹
さ、話せる?
u
u
…はい


ちそんさんに今までじにょんとの事やこれからの事を話した.
🐹
🐹
…そっかそっか辛かったね.大丈夫!これからは僕達ドリムが守る!
u
u
ありがとうございます.
🐹
🐹
さ、中に戻ろ?


もう夜も深い.けどどうしても中に戻る気になれない.さっきの出来事が頭から離れない…






歩いていくちそんさんの後ろ姿に呼びかけた.
u
u
あの!私ちょっと散歩してきますね…
🐹
🐹
え、もう遅いよ?
u
u
中に入る気分じゃなくて.
🐹
🐹
そっ…か!気をつけて.何かあったら迎えいく.
u
u
ありがとうございます.


そこから私はいつもとは違う通ったことの無い道を通って散歩をした.





すると肩にぽつぽつと冷たい物が降ってきた.
u
u
雨だ…

傘を持ってきている訳もなく空を見上げて見ると,ものすごく高いビルの前に来ていた.
u
u
HYBE?entertainment…


すると突然,私の周りだけ雨風が止んだ.
大丈夫?君濡れてるよ



と声がした.