プリ小説
一覧へ

第12話

#12
神からの手紙にはこう書いてあった。
~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~
金姫へ
高校生はどうだ?流石になれたか?

あのH大を首席で卒業したお前にとっては簡単か笑

ところで、学校にいる間は魔法を抑えとくように

もしバレたら、大変な事になる

ただ、お前が「この人なら」と思った奴らにはいいぞ

お前が決めた事に言う権利は神の俺でもないからな

また連絡する
~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~
これは…心配してるのかな?
私が「この人なら」って思う人がいるのかどうか。
私は今、自分の部屋のベッドに座っていた。
外に気配がする。
まるで、私の家を見張ってるかのように。
詩『感視』
感視は感じたものが何か見える魔法。
あまり使う機会がないから、久々だな。
私の家を見張っていたのは、S4のメンバー。
え、何で私の家を知ってるの?
もしかして…疑われてる?
あんなに媚を売ったのに?
(言うほど売ってはないよね笑 by作者)
まぁ、いっか。
今は夜9時半。
この時間までいるとかヤバいと思いながらも眠りについた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

coolstrawberry
coolstrawberry
*山田涼介 ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ たとえ別々の道を歩んでたとしても僕らは繋がっていて 同時投稿のため投稿が遅くなりますが、ご了承ください