プリ小説

第5話

#5
入学式から3日。
本当に実技がない。
空「詩~!次は化学だよ!」

詩『移動教室だね!』

空「うん!」
化学は何らかの実験をする。
私達は教科書類を持って化学室を目指した。
化学室は窓からグラウンドがよく見える。
私は窓際の一番後ろの席…という事は
そう、授業ではなくグラウンドを見ててもバレない!
グラウンドでは他のクラスがよく実技をしている。
私はそれを見るのが楽しみなのだ。
先「え~、今日は10円玉を金色にしたいと…」
生徒は「楽しみ!」などと声を上げる。
え、先生、それはダメじゃないの?
法律ではダメでしょ?笑
私はやる気を失せ、グラウンドを覗いた。
今日は1年S組か…。
1年S組にはS4と言うのがあるらしい。
なんでも、超イケメンで魔力も強い4人がいるから。
そのメンバーを紹介するね。
これは、空に聞いた事だけど笑
二階堂 涼(にかいどう りょう)
・魔力は9万
・超イケメン
・俺様系男子
・学年トップ
桐生院 慧(きりゅういん けい)
・魔力が8万8000
・超イケメン
・頭脳系男子(誰にでも敬語)
・学年2位
有栖川 侑(ありすがわ ゆう)
・魔力は8万8000
・超イケメン
・可愛い系男子
・学年3位
西園寺 大(さいえんじ だい)
・魔力は8万7000
・超イケメン
・元気系男子
・学年4位
しかも、みんなが社長の息子。
つまり次期社長。
女子は気に入られたいと「キャー!」と叫ぶ。
私は逆に静かに通り過ぎる人。
下手に関わって正体がバレた時の方が嫌だから。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

coolstrawberry
coolstrawberry
*山田涼介 ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ たとえ別々の道を歩んでたとしても僕らは繋がっていて 同時投稿のため投稿が遅くなりますが、ご了承ください