プリ小説

第4話

#4
先生は…これまた超イケメン
先「初めまして。
1年E組担任、西城 宏(さいき こう)だ。」
見た感じは…20代後半。
宏先「まず、今週の流れから説明する。」
こうして先生の話を聞き終わった。
簡単に言うと、1年E組は授業で実技をしない。
先生が言うには、「危険が伴う」から。
それだったら他のクラスもじゃないの?
って思わない?
他のクラスの実技の授業には特別講師がつくらしい。
しかし、1年E組には何人いても足りない。
今までがそうだったみたい。(制御が出来ないから)
だから、昨年からE組は実技がなしとなった。
え~…つまんないな…。
実は、筆記テストなんか私にとって魔法より簡単。
アメリカのH難関大学を首席で卒業してるから。
小学5年生の時に。
宏先「お前ら、気を付けて帰れよ~。」
先生のその声で私達は解散となった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

coolstrawberry
coolstrawberry
*山田涼介 ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ たとえ別々の道を歩んでたとしても僕らは繋がっていて 同時投稿のため投稿が遅くなりますが、ご了承ください