無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

p a s t
私 は 、





大 ち ゃ ん 、 康 ち ゃ ん 、 流 星 、 る た く ん と 一 緒 に





“ 焼 け 野 原 ” と 呼 ば れ た 関 ジ ュ を





引 っ 張 っ て い っ て い た 。





で も 、





な に わ 男 子 が で き て 、





大 ち ゃ ん と 流 星 と は バ ラ バ ラ に 。





私 た ち が 一 緒 に 活 動 す る こ と は 減 っ て い っ た 。





そ し て ___