無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

f r i e n d
私 は 、 よ く 陰 で 泣 い て い た 。





ア ン チ が 全 部 正 し い な ん て 、





信 じ た く な か っ た け ど 信 じ て い た か ら だ 。





そ の 日 も 私 は 気 付 い た ら 泣 い て い た 。





誰 も い な い 部 屋 で 、





誰 に も 見 え な い よ う に 。





す る と ___