無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
──入学式

桜がひらひら振る中、期待に胸を膨らませ歩いていた。

「おい」
小林椛乃こばやしにの
え、あ、はい…
突然声をかけられ、戸惑い気味に振り返った。

「学生証落としてる」
小林椛乃こばやしにの
あ、すいませんっ!!
「これからは気をつけな。高校生活楽しんで」

そう言って学生証を差し出す彼の笑顔が忘れられない。



──桜の木の下で彼に一目惚れをした。