無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

166
2021/08/13

第43話

それだけSide雪翔
藤岡莉奈ふじおかりな
お、お邪魔しましたっ
慌てたように出ていく莉奈を呆気に取られてみていると姉さんがぼそっとつぶやいた。
平井恋雪ひらいこゆき
…雪翔のヘタレが
平井雪翔ひらいゆきと
…うるせぇよ
図星であまり強く言い返せない。
平井恋雪ひらいこゆき
小学生の頃から莉奈ちゃんにゾッコンだったくせに高校生になっても行動しないなんてヘタレじゃなきゃなんなのよ
平井雪翔ひらいゆきと
黙れよ…
わかってんだよ、俺だって。

莉奈に彼氏ができるのは時間の問題だって。
莉奈は透き通るような白い肌に二重のパッチリとした大きな瞳は茶色がかっていていわゆるハーフ顔だ。

チャームポイントである胸元まであるミルクティーベージュのキレイな髪はふんわりと巻いてあって西洋人形を連想させる。

小さなぷるんとした唇は誘っているのかと思わざるを得ない。

笑ったときにふわっと緩む唇が本当に可愛い。

見た目だけではなく性格もとてもいいためモテるに違いない。
平井恋雪ひらいこゆき
てか、なんであんた
莉奈ちゃんと違う高校にしたのよ
あんたが莉奈ちゃんと違う高校にするって言ったとき、何言ってんの、こいつって思ったもん、と姉さんが俺に言ってくる。
平井雪翔ひらいゆきと
…姉さんには関係ないだろ
平井恋雪ひらいこゆき
実際のところは?
平井雪翔ひらいゆきと
莉奈にもし彼氏ができたら毎日顔を合わす勇気がないから!
クソっ…。
恥ずかしすぎて俺はそう言い捨てると姉さんから背を向けて部屋までダッシュした。

やっべぇ…。
俺、ダサすぎるだろ…。

告白すればいいってわかってんだけど、今の関係が壊れるのは正直怖い。

今の関係なら話すことができるのに、もし告白してふられたら、このことさえできなくなる。

俺はそれが怖い。

莉奈が好き、それだけなのにな。