無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

笑いが一番
藤岡莉奈ふじおかりな
ねぇ、椛乃、これはどう?
笑いながら莉奈が指さしたのはヒゲの生えた変なメガネ。
小林椛乃こばやしにの
いいかも〜。莉奈、似合うー?
冗談半分で莉奈の前でくるりと回ってみる。
平井雪翔ひらいゆきと
意外と似合ってて笑える
雪翔くんが指さして大爆笑をしている。

そんな指さして笑うほど面白かった??

みんなで笑っていると幸せな気分になる。
小林椛乃こばやしにの
意外と似合ってるって何〜?
ちょっと複雑〜!!
鏡で自分の姿を確認するも、そこまでおかしくなくてそのことにまたまた吹き出してしまう。
平井雪翔ひらいゆきと
じゃ、これはどう?俺結構似合うくね?
女性用のウイッグを被る雪翔くんにすぐさま莉奈がカメラを向ける。
藤岡莉奈ふじおかりな
雪翔〜、決めポーズ
平井雪翔ひらいゆきと
いえいっ
少し可愛こぶったポーズをして、莉奈の写真に収まった。そんなポーズも似合うくらい金髪のウイッグは似合っている。
小林椛乃こばやしにの
そのウィッグつけながら
このメガネかけてよ
そう言ってさっき椛乃がかけていたメガネを渡す。
藤岡莉奈ふじおかりな
あははっ!!やっばいよ!
莉奈が大声をあげて笑っている。 

金髪に黒髭はおかしいよ。
メガネについてる鼻はコアラみたいでますますおもしろい。

女の人なのに男、みたいな?

いや、実際男なんだけど。

***

なーんて過ごしているうちにすっかり時間も過ぎ、結局アクセサリーなどをちょこちょこ買ってもらった。
藤岡莉奈ふじおかりな
私、ちょっとトイレ行ってくる〜
どっか寄っといていいよ、という莉奈にどうしようかとなってしまう。
小林椛乃こばやしにの
莉奈とはどう?順調?
莉奈の前では聞けなかったことを聞いてみる。
平井雪翔ひらいゆきと
まぁ、それなりに。付き合えたらいいんだけどさ、告るとか絶対無理なんだよな
幼なじみのふたりだからこそこういう葛藤があるのだろう。

確かに幼なじみに告白すれば、もし断られた際、気まずくなるに違いない。とはいえ、ふたりは両思いなのだ。

中学のときからずっとふたりともあと一歩というところで言わないんだよね。

痺れを切らして椛乃が言ってやろうかなんて思ったことは一度や二度じゃないけどやっぱり自分の口から言わなきゃダメだなと思い今日までやってきている。
小林椛乃こばやしにの
莉奈が誰かにとられてもしらないからね
平井雪翔ひらいゆきと
えっ、そこは椛乃ちゃんがどうにかしてくれるところじゃ?
当然のように言ってくる雪翔くんに心の中で笑いながらからかってみる。
小林椛乃こばやしにの
あー、そういえば莉奈好きな人いるって言ってたような〜
実際いるっちゃいるけどそれは雪翔くんだしね。

ウソはついてないから大丈夫でしょ。
平井雪翔ひらいゆきと
それ、マジ?
小林椛乃こばやしにの
うん!だからさっさと
告らないととられるぞ
これで告白するかな、莉奈に。

なーんて淡い期待をしながら前を向くと
小林椛乃こばやしにの
っ…!?
楽しそうに歩いている男女の姿が。

あぁ、忘れるわけがない。

男のほうは大好きな柊木先輩で、女は瑠璃さん。
休みの日にデートに来るってことは付き合い始めたのかな。


お似合いすぎて椛乃には無理だったのかな、と落ち込んでしまう。椛乃、諦めようと思ったのに、あの日から1ヶ月も経っているのにまだ柊木先輩を諦められてないの…??