無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

172
2021/08/13

第42話

素直になりたいSide莉奈
藤岡莉奈ふじおかりな
ママ〜、これおはぎ??
「そうそう!でも作りすぎちゃって…」

水を飲みにキッチンへ行くとママがおはぎを作っていた。私の大好きなママのおはぎを待ちきれずひとくち食べた。
藤岡莉奈ふじおかりな
ママ、美味しい!
…余ったなら私、雪翔に届けてくるよ
「あら、そうね!雪翔くん、おはぎ好きだったわよね」
藤岡莉奈ふじおかりな
そうそうっ!
雪翔は私の隣に住んでいる幼なじみ。

私はおはぎを紙袋に入れ、家を出て、隣の家へ行った。

昔から雪翔とは家と家とを行き来していて、雪翔の家は私の第2の我が家みたいになっている。雪翔の両親も私を娘みたいに扱ってくれてとても嬉しい。

ピンポーンと雪翔の家のインターホンを鳴らした。
平井雪翔ひらいゆきと
はーい
雪翔の声が聞こえて、玄関のドアが開いた。

そこにはいつも通りかっこいい雪翔がいて胸がドキンっと跳ねた。

…そう、実は私は雪翔のことが好き。

いつから好きになったのかって言われてもわからない。気づいたら好きになってたってよく言うけど本当にその通り。
平井雪翔ひらいゆきと
おー、莉奈、いらっしゃい
藤岡莉奈ふじおかりな
お邪魔しまーす!
突然来ても笑顔で迎え入れてくれる雪翔が好きだ。
平井雪翔ひらいゆきと
母さん、莉奈来たよ
「莉奈ちゃん、いらっしゃい〜!」

リビングに行くとやっぱりおばさんが温かく迎え入れてくれた。雪翔の性格はやっぱりこの家で育ったからなのかなって思う。
藤岡莉奈ふじおかりな
おばさん、お邪魔します!
「莉奈ちゃん、またべっぴんさんになったんじゃない?」
藤岡莉奈ふじおかりな
えー、ほんとですか〜?嬉しいなぁ!
私がここに来る度におばさんはとても褒めてくれる。

平井恋雪ひらいこゆき
ほんとほんと。雪翔、早く莉奈ちゃんを捕まえないと盗られるよ?
雪翔のお姉ちゃんの恋雪こゆきちゃんがアイスを咥えながらやってきた。
平井雪翔ひらいゆきと
…うるせぇ
藤岡莉奈ふじおかりな
恋雪こゆきちゃん、私のことを貰ってくれる人なんていないから大丈夫だよ〜
恋雪ちゃんったら。
そんなにお世辞を言わなくていいのに。
平井恋雪ひらいこゆき
きっとすぐ現れるわよ、ね、雪翔
平井雪翔ひらいゆきと
なんで俺に聞くんだよ
雪翔は興味がまったくなさそう。

そりゃ、そうだよね…。

好きでもない幼なじみが誰かのものになるって本当にどうでもいいことだもんね。
藤岡莉奈ふじおかりな
わ、私、
宿題やらないといけないんだった!
ウソだけど…。
なんだか泣いちゃいそうで…。
藤岡莉奈ふじおかりな
お、お邪魔しましたっ
急いで雪翔の家を出て自分の家に帰った。

雪翔が好きで会いたいのに会ったら逃げ出したくなる…。好きすぎて辛い…。


…椛乃みたいに自分の気持ちに素直になれたらいいのに。