無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

頑張りますっ!!
小林椛乃こばやしにの
あっ、いいこと思いつきました!
今日も椛乃たちは旧校舎の空き教室で勉強をしている。
柊木春樹ひいらぎはるき
は?急になに
いぶかしげに眉をひそめる柊木先輩にウインクをしてこう言った。
小林椛乃こばやしにの
椛乃がもし、学年で100番以内に入ったらデートしてくださいっ!!
柊木春樹ひいらぎはるき
学年何人いるわけ?
小林椛乃こばやしにの
んーと、287人です!!
たぶん椛乃は最下位くらいだから180位くらい上がらなければならない。

期待で目をキラキラさせる椛乃に柊木先輩はめんどくさそうに
柊木春樹ひいらぎはるき
はぁ…。いいよ
と言ってくれた。
小林椛乃こばやしにの
やったー!!
男に二言はないですよっ!?
柊木春樹ひいらぎはるき
わかったから、黙れ
小林椛乃こばやしにの
はーい!!
やったやった、デートだ!!

こうなったら小林椛乃、めちゃくちゃ頑張っちゃいます!!