無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

ショッピングモールへGO!
あのデートから1ヶ月ほど──。

あれから椛乃は柊木先輩と一度も話していない。

学年が違うため、柊木先輩をあまり見ないことが幸いかも。たまに瑠璃さんと一緒にいるところを見かけてしまうと胸が痛んでしまう。
藤岡莉奈ふじおかりな
椛乃、ほんとに諦めるっていいの?
小林椛乃こばやしにの
うん…
心配そうな莉奈に笑顔を見せたつもりだけど、痛々しくしか見えないみたい。
藤岡莉奈ふじおかりな
私はどんな選択をしても
椛乃の味方だからね
小林椛乃こばやしにの
…ありがとう
空っぽになってしまった心が少し温まった。
藤岡莉奈ふじおかりな
じゃあ、ちょっと
一緒にお出かけしない??
小林椛乃こばやしにの
お出かけ?
藤岡莉奈ふじおかりな
うん!!
雪翔もだけど!
小林椛乃こばやしにの
いや、そんなの悪いよ
せっかくの雪翔くんとのデート。

椛乃が邪魔するわけにはいかない。
藤岡莉奈ふじおかりな
雪翔とふたりでいたら私ガチガチになっちゃうから椛乃がいてくれると助かるんだけど…
ダメかな、なんて上目遣いで見てくる莉奈に断ることなんてできなくて雪翔くんにごめんなさいと思いながら承諾した。

***
平井雪翔ひらいゆきと
久しぶり、椛乃ちゃん
小林椛乃こばやしにの
久しぶりだね、雪翔くん
小林椛乃こばやしにの
今回は莉奈とのデート、
邪魔しちゃってごめんね
ショッピングモールで莉奈と雪翔くんと合流し、久しぶりに会った雪翔くんと話していた。
平井雪翔ひらいゆきと
んー、大丈夫。どーせ、
莉奈は椛乃ちゃんのことが気になって
それどころじゃなかったと思うし
小林椛乃こばやしにの
そっか…
雪翔くんも椛乃の状況を知っているのかな。

莉奈はたぶん椛乃に気を遣って、今日は誘ってくれたんだと思う。

今日くらい笑顔で楽しまなきゃね。
藤岡莉奈ふじおかりな
ね、椛乃もう少ししたら誕生日でしょ?
小林椛乃こばやしにの
あ、そーいえばそうだったね
そういえば椛乃の誕生日は6月5日であと少しだ。
藤岡莉奈ふじおかりな
だから今日は椛乃の
誕プレ買いたいと思いまーす!
小林椛乃こばやしにの
えぇー?
平井雪翔ひらいゆきと
椛乃ちゃんは何が欲しいの?
椛乃が、今欲しいもの…。

柊木先輩──。

と頭をよぎってしまった。

忘れようとしてるのになぁ。

というか柊木先輩はものじゃないのに椛乃のものにしたいって椛乃は何様なんだよ。

ははっ、と乾いた笑いを漏らす。

引きづって椛乃、アホだよね。



…今日は柊木先輩のことは忘れて楽しんでやるんだから!