無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

勉強教えてください!!
小林椛乃こばやしにの
てことで先輩、教えてください!
柊木春樹ひいらぎはるき
は?嫌なんだけど
昼休み、柊木先輩に頼みに行くとあからさまに嫌な顔をされたが、椛乃はこんなことでひるまない。
小林椛乃こばやしにの
可愛い後輩が留年してもいいんですかっ?
柊木春樹ひいらぎはるき
…まだ入学して一回目のテストだっつーのに、そんなこと言うほどやばいのか?
小林椛乃こばやしにの
知りませんけど、ここの学校ギリギリで合格したんで結構やばいと思いますっ!
呆れたように口を開ける柊木先輩。

だって、ほんとに入試ビリぐらいの成績とってるから勉強しないと留年の危機だよ!!
小林椛乃こばやしにの
お願いしますって、先輩!
そのとき昼休み終了のチャイムが鳴ってしまった。
小林椛乃こばやしにの
先輩、また来ますね!!
手を振って帰ろうとし、柊木先輩の隣を通るときボソッと言った言葉を椛乃は聞き逃さなかった。
柊木春樹ひいらぎはるき
…放課後、“あの場所”に