無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

椛乃の一番いいところは…!?
柊木先輩によるとここは柊木先輩の秘密基地らしい。秘密基地は子どもっぽいからあんまり使いたくないと言っていたけど…。

柊木先輩はここに息抜きにやってくるんだという。
柊木春樹ひいらぎはるき
誰にも言うなよ
小林椛乃こばやしにの
はい!でも、また来ていいですかっ?
柊木春樹ひいらぎはるき
はぁ…
椛乃の言葉に柊木先輩が大きなため息を吐いた。
小林椛乃こばやしにの
いいですかっ!?
柊木春樹ひいらぎはるき
好きにしろ
小林椛乃こばやしにの
やったー!!
来ていいんだ!!
椛乃と先輩だけの秘密だ〜!!

嬉しすぎて頬が緩む。
柊木春樹ひいらぎはるき
うわ、なににやけてんの?
気持ち悪いとばかりに顔をしかめられた。
小林椛乃こばやしにの
嬉しいからですっ!!
柊木春樹ひいらぎはるき
…っ
今日はなんていい日だ!
柊木先輩の秘密知れたし。

先生、ごめんね。
すっごいけなして…。

雑用頼んでくれてありがとうって言いたいくらい!
柊木春樹ひいらぎはるき
優希がさ、
お前のいいとこは元気なとことか言ってたけど、俺はやっぱ笑顔だと思う
そう言った柊木先輩は椛乃に負けないくらい笑顔が素敵だった。