無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

孤爪side
孤爪side

黒尾:やっぱ研磨かぁ〜の予想はしてた。

夜久:研磨強い……

リエーフ:流石です!研磨さん!!!

孤爪:あなたこっちで、クロこっちで寝て。あとはみんなどこでもいい…。

あなた:私は相変わらず指定なんですね。

リエーフ:チェ〜じゃあ、俺あなたの真上行きます!

夜久:あぁ!取られたー!!!!


―夜―

あなた:ふぁ〜眠い、

孤爪:先に早く寝よ?

あなた:うん…







孤爪:…………もう寝たの…早い………
布団落ちてきてる。ヨイショ



孤爪:おやすみ。あなた………ポンポン…




―朝―

あなた:おはよ〜

リエーフ:おはようございます!!研磨さんになんかされませんでしたか!?

あなた:ううん。大丈夫〜

夜久:研磨ほんとになんもしてねぇな?

孤爪:昨日はあなたと早く寝た。

夜久:ふーん。なんだ。良かった。

あなた:まぁ研磨だし。

孤爪:一緒に早く寝たしね。

黒尾:まぁなんも手出さずにいられたわ。研磨も。こんな女隣にいて。

夜久:あなたちゃんが可哀想じゃん!何してるの!黒尾は!?

黒尾:はぁ?夜久も思わないのか!?隣で女寝てるんだぜ?緊張しね?

夜久:た、確かに………

リエーフ:研磨さんすげぇ…



______そして今日、、



青葉城西と練習試合なのか…。











???:あー!あなたちゃん!!

あなた:あ…久しぶり






こんなにすぐめんどくさい男に出会うとは…






孤爪:なに。なんか用ある?

あなた:研磨くん……?


???:えぇ!だってあなたちゃんは俺の元マネージャー兼彼女だよ?

孤爪:え?あなたこの人誰だよ。ほんとなの?。

あなた:うん…そう。そいつは青葉城西の主将セッダー………及川徹…

及川:ちゃんと細かく覚えてくれてる!!嬉しいっ!!

孤爪:早く行こ…

及川:えぇ!ちょっと待ってよ!!!!あなたちゃぁぁぁぁぁん!!!!

孤爪:ごめん走らせちゃって、

あなた:別に大丈夫。

黒尾:それと気になったんだけど…

あなた:何?


































孤爪:あなたはあの人と付き合ってたりするの?