無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9
―部活―

あなたside




あなた:あれ?どーしたの?

夜久:あ、えーと……体育倉庫が荒れてるんだ💦

あなた:え!嘘…(ほんとだ…)
まぁ片付ければいいし倉庫は私が片付けとくよ…。

黒尾:だな。頼んだ……


















にしても誰がやったんだろう……








?:あら、、先輩片付けてるの?

あなた:七瀬さん…!ちょっと体育館荒れててね💦七瀬さんはみんなのお手伝いよろしくね。

七瀬:はーい。









―数分後―

あなた:七瀬さんめっちゃイキイキしてる……










あ、、なるほどね……そういうことだったんだ……。多分……見るからにわかった……




アイツか。

















―部活後―

あなた:黒尾くん…帰りちょっと時間ある?

黒尾:別にあるけど何かするんですか。ニヤァ

あなた:ちょ、ちょっと話したいことがあって……

黒尾:あぁわかった。じゃ待ってるわ…














―数分後―

あなた:黒尾くんお待たせ。

黒尾:で、何話しって…
















黒尾くんならきっと……分かってくれるよね…?




あなた:あの今日あったことなんだけど…私が倉庫片付けてたじゃん。その時の七瀬さんどうだった…?

黒尾:なーんか前よりイキイキしてたしちゃんとしてた。


あなた:私さ…七瀬さんが荒らしたと思うんだ…。

黒尾:……え?










やっぱ信じてくれないかな……

あなた:なんかそんな気がするの…。女の勘ってやつかな…。違ったらごめんね。

黒尾:へぇ〜わかった…。確かにあるな……。

あなた:もしそうだったら…アイツ危険よ…もっとやられるはず…。

黒尾:なんでそんなことがわかるんだよ?

あなた:中学の時にもあってさ…。そういうことが…………。

黒尾:じゃ、今から行こうぜ〜

あなた:うわっ…!ちょっ……

















黒尾に手を引っ張られて走ってる…。

早すぎだろ........。



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

今日から主学校なので投稿頻度もっと落ちるかも知れません💦申し訳ございません😖

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧