無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
黒尾side




黒尾:おぉー。おはよー。あなた

あなた:おはようございますっ…!


((なんかこいつ俺に敬語なんだよなぁ…))

黒尾:なぁ

あなた:はい…

黒尾:なんで俺に敬語なの?同級生なのに

あなた:えぇっと……

((あっ…いいこと思いついた…))

黒尾:もしかして〜黒尾さんの事が怖いからぁ?

あなた:はい、そうです。


((えっ………まじか…))

黒尾:え、ごめんって〜俺優しいんだよ?

あなた:どこが優しいんですか?めっちゃ怖いですっ……

黒尾:えぇ〜タメ語で話してもらっていいのに~

あなた:まっ、心が開いたら?タメ語で話せそうですけどね。












―部活―

りるside





あなた:こんにちは〜

山本:あなたさぁぁぁぁん!!!こんにちは!荷物運びましょうか!?!?

あなた:あ、えっと……

((この子の距離感の取り方がわかんないっっ!!))

海:おいおい。焦ってるじゃねぇかやめとけよ。

((あ…!ありがとうっっっ))

あなた:すいません💦ありがとうございます。

海:いいよいいよ。俺3年だしそんな気使わなくていいよ。

あなた:はいっ!





















―部活終了―

黒尾side

あなた:研磨く〜ん!

孤爪:あ、あなた。

黒尾:ねぇなんであなたはいつの間にか研磨と仲良くなってて研磨はあなたを下の名前で呼ぶ仲になってるの!?!?

孤爪:別に……
((羨ましい……))

リエーフ:あなた先輩!トスあげてください!!

あなた:あ、うん!いいよ!

黒尾:リエーフとまで!!!!

夜久:ドンマイ黒尾。あなたさ〜ん!俺ブロックやりますー!


((夜久!お前もかよ!!))

黒尾:なぁ犬岡〜。

犬岡:はい!なんですか?

黒尾:俺ってそんなに印象悪いかな?

犬岡:正直に言っていいですか?

黒尾:あぁ。

犬岡:優しい1面出るまでは俺ものすごく怖い先輩だと思いました!

黒尾:えぇやっぱ、俺怖い?

犬岡:優しいところ見せれば全然怖くないです!

黒尾:そっか!ありがとう!


((明日はあなたに優しく…接してみるか……))