無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5
あなたside





昨日の黒尾くん…なんか違ったんだよな…。
いつもより優しくて…。私のために色々してくれたし…。案外あの外見でいい人なのかもな…!

あなた:黒尾くん、おはよう〜

黒尾:よぉあなたおはよ。

















やばい話すことがない…どうしよう…話題話題…

あなた:く、黒尾くん昨日は家まで送ってくれてありがとね…

黒尾:あぁ…いや…別n!?

夜久:やっぱりそんな感じがしたよ……

あなた:わっ!夜久くん、おはよう!

夜久:あなたちゃんおはよ〜

夜久:黒尾が買い出しとか行ったことねぇからなw

黒尾:みんなには内緒にしといてくれよ??めんどくさくなるからよぉ…!!

夜久:わかったわかった〜安心しときなー。言わないからさ。

黒尾:で、夜久は何しに来たの?

夜久:あぁ〜そうそう。あなた、職員室に来てって猫又先生が言ってたぞ。


猫又先生?なんだろう…部活のことかな…



あなた:あ、うん!行くね…!

黒尾:おいちょっと待て。俺も行く

夜久:黒尾さんは相変わらずあなたさんが好きですね〜

黒尾:いや、こいつ……かなり重症の方向音痴だ…



待って…ここどこだろう。普通にわかんねぇよぉぉ!後ろに黒尾くんと夜久くんが居る…聞けばいいかな……




あなた:ここどこだっけ?黒尾くん😭教えてください😥

黒尾:そこ突き当たり曲がったらつくだろ?

夜久:((あぁこの子黒尾の言った通り方向音痴やばいなぁ…))

あなた:あ、ありがとう!!
















―黒尾side―


黒尾:なぁそーいやー夜久聞いた?

夜久:なにが?

黒尾:烏野なんかやばい1年がたくさん入ってきたらしいぞ。

夜久:今年こそ、、やっとちゃんと試合になりそうだね…




黒尾・夜久:ゴミ捨て場の決戦




毎年毎年烏野は弱くなっててよ……。毎年1回は必ずしもやるよな。烏野VS音駒


まぁ今年も多分俺たち音駒が勝つと思うけどさ。




あなた:あ、ねぇねぇ夜久くん!

夜久:なんすか?

あなた:ゴールデンウィークに合宿があるんですね?毎年。


あ、キタキタ。やっぱり猫又監督その件で話すと思った……



夜久:はい。

あなた:で、今年の日程なんだけど、、、初日に青葉城西と練習試合…なんだよね?見間違えじゃないね?

夜久:おう。見間違えじゃないです。だってここに大きく青葉城s((

黒尾:おぉ!あなたの前の学校じゃねぇか。強豪だろ?誰か強い奴いるか?







あなた:やっぱり…強いやつはね…いるよ。

黒尾:おぉ。ますます戦いてぇ…。

あなた:私さ、3年生になって来たから1年生どんな子入ったか知らないけど…上手な子が入った。って言ってる。

夜久:うわぁ……今日もちゃんとみっちり練習するかぁ…










りるside

青葉城西か……私の昔の学校。そして幼なじみのあの子にまた会うのか…

ゴールデンウィークの合宿か……あと約1ヶ月後……か、、、

でも、、、、


























’’あいつ’’にだけは会いたくない…。

✄------キリトリ------✄

原作には無いですがちょっとここの2校で戦ってもらいたくてやりました💦主の自己満足の会になります🙇‍♀️
_