無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2
あなたside




あなた:え?…(笑)


((いやちょっと待って話の流れが早い…))

黒尾:だーかーらー放課後に体育館こいよ。

あなた:いや、あの!でも…

黒尾:何

あなた:道わかんないです…

黒尾:じゃあ連れてく

あなた:あ……はい…


((あ、許可しちゃった…))

黒尾:了解。じゃあ連れてくね。


((何されるかわかんないよ…怖い…))


―放課後―

黒尾:あなた!行くぞ!

あなた:う、うん!!


((うぅ…怖いなぁ…))

―体育館―

黒尾:こんちわ~みんな集合〜

山本:はぁっ!!!!!!


((うわ…何あの子…怖っ………))

山本:あの!美人ですね!!!!よければ音駒高校のバレー部マネージャーやりませんか?あと何年生ですか?何組ですか!!?

あなた:えぇっ………ちょっ…


((なになになになに!?!?!?怖い怖い怖い))

黒尾:山本〜怖がってるだろー。離れろー。

夜久:早く戻ってください

黒尾:紹介する。マネージャー候補の白崎あなただ。

あなた:よろしくお願いします…💦

山本:可愛い……………俺らバレー部にも女が……

夜久:やめろ

黒尾:まぁちょっと強引に連れてきてるから今日は見学みたいなもんだ。


((お前が連れてきたのに何その口の聞き方…))


―部活中―

あなた:あ、あの……何したらいいですかね…

???:あぁ。マネージャーの子。よろしく。

孤爪:俺孤爪研磨。よろしく……

あなた:よろしくお願いします。白崎あなたと言います…!


((この子優しい…))

孤爪:じゃあ…まずこの高校のルールみたいなの覚えないとね…リエーフー……

リエーフ:なんですか!孤爪先輩!

孤爪:あなたと一緒にドリンクの作り方とか覚えるよ……

リエーフ:はい!!!




















―部活終了―

リエーフ:もう無理頭痛い…

孤爪:あなたは何となく分かった…?

あなた:うん!分かりやすかった!ありがとう!!

山本:あなたさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!

あなた:は、はい!なんですか…?

山本:バレー部入ります?入ります?俺もうあなたさんがいないと音駒高校のバレー部辞めます!

あなた:えっ???わ、わ、わかった!入る入る!!


((あ……やっちまった))

黒尾:え?まじ?やった。ありがとな。

あなた:孤爪くんに色々教えてもらったし!!

山本:早速ですが…連絡先教えて貰えますか?( ✧ω✧)キラッ

あなた:あ、うん……

黒尾:俺も貰っていい?バレー部のグループ招待するね。

あなた:うん!いいよ…!


((わぁ…みんなの連絡先だ……))













なんだかんだでまた…バレー部のマネージャーになりました❤️

1日目終了🙌