無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
あなたside







黒尾:なぁあなた……


あなた:な、何?

黒尾:今日家まで送ってくよ


((え、ちょ声小さすぎてなんて言ってんのかわかんないけど…聞き直すのもなんか怖いっ……))

リエーフ:え!今日あなたと黒尾先輩一緒に帰るんですか!!俺も帰りたいです!

あなた:あ、うん!いいよ!

山本:あなたさぁぁぁぁん!!俺も一緒に帰りますよ!!!護衛します!!!

黒尾:じゃあみんなで帰りますかぁ。










―帰り道―

黒尾side


((優しく……優しく…優しくって何したらい
いのかな…?))

黒尾:なぁ犬岡、犬岡

犬岡:なんですか?

黒尾:優しくってどんな感じで優しくしたらいいんだ?

犬岡:家まで送ってけばいいんじゃないですか?

黒尾:あぁ。サンキュ。そうするわ。




あなた:あ、私こっちだから、みんなまたね!

山本:あなたさん!気をつけてくださいね!!変なやつに話しかけられたら逃げてくださいね!!!!

黒尾:あ、俺も今日こっちから帰るわ。

山本:あなたさんになんかするんですか?黒尾せんぱぁい?

黒尾:違う違う。買い出し。


((んなわけねぇけどな))

山本:へぇーーーーーーー。手は出すなよ?

黒尾:出さねぇ、出さねぇ。安心しろ。じゃあお先に〜






黒尾:なぁあなた俺の事そんなに嫌い?

あなた:嫌いではないけど…なんかぁ…怖…い?

黒尾:そうか……

あなた:でも、怖いイメージは無くなってきたかな…。

黒尾:ほんと?

あなた:うん。なんかずっとキレてそうだし目付きが怖かったけど…。

あなた内面は優しいのね‼️メンバー思い出しさ!ニコ


((良かった~。嫌われてるのかと思ったわ……))

あなた:でさ…聞きたいことあるんだけどいい?

黒尾:ああ。いいぜ。

あなた:お前どこまでついてくる気?

黒尾:いや…あ、あの〜その辺の道行ったら確かつくからさ〜

あなた:へぇ〜ニヤァ

あなた:私こっちだけど黒尾くんは明るいあっちの道か?こっちにスーパーなんてないよ?


((やばいやばい。どうしよう。なんて言おう……))


黒尾:そっちの道暗くね?家まで送ってくよ…

あなた:え?う、うん。ありがとう……!






黒尾:あなたの家ってさどこなの?

あなた:えぇっと……もう着くよ…


あなた:送ってくれてありがとう、私この家だから…!

黒尾:え、え?豪邸じゃねぇか…!!!!

あなた:お父さんが社長になってさ。お金いっぱいあったから……ちょっと立派な家なんだ……!

黒尾:いやぁすげぇな。

あなた:今度…………くる?

黒尾:え?

((これ女の子の部屋に入っちゃう系だよね?だよね?流石に俺1人でノコノコ上がるわけには行かないよな?))

黒尾:い、いやぁ、大丈夫。また何かあったら来るな!

あなた:うん!送ってくれてありがとう…!また明日~

黒尾:じゃあな!




















































黒尾:惚れたかも//