無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
黒尾side





黒尾:あぁ…やっぱりか…


あなた:荒らされてるねっ……


黒尾:よし片付けよ…。


あなた:まだ誰がやったのかわかんないけど1番七瀬さんが怪しいな


黒尾:正直俺も……

あなた:なかなか上手く荒らすよね……ほんと______
















今しかないな…









黒尾:あなたってさ、俺の事まだ苦手?

あなた:え?

黒尾:転校初日震えてたじゃん。

あなた:えー!嘘〜

黒尾:ほんとほんとw

あなた:今はね、大好きだよ_____












えっ……これって?
















もしかして……













あなた:まぁ友達としてほんとに頼れるよ。

















黒尾:あぁ、、ありがとな。











まぁ……そうだよな…。

















あなた:私友達まだそんなにいないしさ部活やってる時ほんと楽しいよ。


黒尾:そうか。良かった。


あなた:まぁ黒尾くん優しいもんね〜。


黒尾:ありがとな。あなた…。


あなた:ちょっと水浸しだから雑巾持ってくr((

黒尾:あぶねぇぇ…!!!








あなたが転ぶ…っ………
























あなた:痛った………って!あ、ちょっ!!…ほんとごめ…ん!え?!離そ?離そ?離そっか?

黒尾:や〜だね。捕まえた〜ニヤァ

あなた:黒尾のバカ!離せ!!

黒尾:お、呼び捨てですか〜

あなた:あっ……黒尾くん離せって!ねぇ!聞いてる!?






あなたを離すわけねぇだろ。













俺の______.の人



あなた:やだっ!もう離してよ……





泣きそうだな…。


黒尾:じゃあ俺の事を黒尾くんじゃなくて鉄朗くんとか〜下の名前でこれから呼んでください〜

あなた:わかった…!わかったから!鉄朗くん離してっ……!






俺的には一生離したくないけどなぁ……




黒尾:はぁい。よく出来ました。

あなた:もぅ……///

黒尾:照れてますか?ニヤァ

あなた:うっせぇ!黙れ!!!!

黒尾:今じゃそんな口の利き方もするんですねぇ……w

あなた:黒……鉄朗くんのせいだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!












そんなあなたも可愛いなっ…