無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15
✄--------------✄

まずは謝ります。





すいませんでしたぁぁぁぁぁぁ!!
学校が忙しくてそして今週先月の塾の分を全部終わらせてきました💦💦

今日から少しずつ書き溜めしておくのでどっかで投稿されると思います❗

それでは本編スタート↓

✄-------------------‐✄


七瀬side

黒尾:お前は今日で退部だ______.

七瀬:バレたから?バレたからなの?ほんとに…。













私の計画を阻止しないでよ。黒尾くんと仲良くなって付き合いたかっただけなのに。好きだっただけなのに______.



あの女がいたからなのよ…。
























あなたside

しばらく私は足のことで学校を休んだ。いよいよ合宿がある…。

1日目は練習、2日目は青葉城西との試合、3日目は烏野との試合ができるらしい




あなた:みんなイキイキしてるな…。










リエーフ:あ!!あなたさん!お久しぶりです!

孤爪:あ、あなただ…。

あなた:み、みなさんお久しぶりです💦

黒尾:良かった良かった。元気で。今日の夜出かけるからいつも通りにしとけよ〜。

あなた:う、うん。













私が休んでる時にも彼らは成長はしていた。







出発前






リエーフ:えぇ!なんで俺は行けないんですか!!!!!!

猫又:赤点取ったからだろ!それにお前はまだ技術も微妙なんだから連れてく予定はない!

リエーフ:えぇ………


あなた:帰ってくる前までに練習しといてね。あと勉強も頑張って!










さぁ問題のバスだ。



夜久:あなたちゃん一緒に乗りません?

黒尾:やだなぁ。あなた俺と乗ろうぜ〜

山本:俺が隣乗ります!隣!!!

黒尾:はぁ?2年は他の奴と座れよ?

山本:あ゙ぁ゙?

あなた:私1人席座ります〜






だって夜移動とか眠いし寝たいじゃん。




黒尾:えぇ〜〜〜

山本:お前結局隣やんか?あ゙?

黒尾:1列空いてるぜ?

夜久:もう黙れよ。あなたちゃん寝る体勢に入ってるじゃんか。










3人:(((かわいいっっっ………)))








黒尾:着いた〜

あなた:(๑´0`๑)ファーおはよ〜……

黒尾:じゃあ明日と明後日の練習試合の為に今日は練習な〜

部員:はぁーい。