無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12
―部活終了―

黒尾side

黒尾:なぁ七瀬。ほんとに職員室にいるの?

七瀬:さっき途中で言ったらいました。

孤爪:それにしても遅いね。どこいるんだろう。

犬岡:探しに行ったらいいんじゃないですか?

黒尾:そうだな。探すか…

七瀬:わ、私今日用事あるので申し訳ないんですが帰らさせてもらいます💦こんな大変な時にすいません…!!

夜久:まっ…探すかぁ〜













七瀬side

七瀬:あなたちゃん。お疲れ様〜今日楽しかったよ〜

あなた:っ…お前絶対訴えてやるっ………!!

七瀬:まぁ今日は黒尾先輩達も先生に呼び出しだと思われてるからよろしくね〜。じゃあまた明日〜













黒尾:おい…


はぁっ!……黒尾先輩だっ…

七瀬:は、はい!なんですか?

黒尾:帰ったんじゃないのか?

七瀬:ちょっと忘れ物取りに……

黒尾:ふーん。じゃあ門まで送ってく。



え?え?え?

ほんとに?嬉しい…
















黒尾:なぁ七瀬さん、あなたが倉庫荒らしてるんじゃない?

七瀬:荒らしてないですけど…?

黒尾:昨日帰りにあなたと片付けたんだが?

七瀬:………いや、、私は知りませんし…

黒尾:あの短時間で荒らせるのは七瀬さんだけですけど。しかもみんなが解散してからすぐ。

七瀬:いや、でも私じゃないっ…です…

???:お前がやったんだろ!?

七瀬:ん?

あなた:あんた昼私呼び出して荒らしてんの私って言ったよね!?

七瀬:いや、、言ってないです…

黒尾:おい!あなたほんとか!?

あなた:あぁそうだよ。お前部活中私閉じ込めてよ!!何が結局したいんだよ!部活に支障が出るしやめろよ!

七瀬:いや…あ、の、、、

黒尾:お前が全部やったのか……?

七瀬:……や…ってない…です。。。

あなた:まだやってないって言うの!?部活の時間も!部室も!あんたしか出来ないんだよ!!!!!!

七瀬:で、でも私は…!!!!

あなた:あなたはもう部活に必要ないわよ。

七瀬:え?

あなた:自分がやってないっていう証拠ある?だってその日鍵閉め私が担当よ?わざと開けといた。

七瀬:あぁもういい!!私がやった!ごめんなさい…!!!!





最悪最悪最悪!!!早く帰ってろよ!!計画が台無しじゃねぇか!!ほんとに邪魔すんなよ!邪魔者はいらない!いらないいらないいらない…!!!!!!!




































なんでみんな私の邪魔ばっかりするの__.