無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
411
2019/02/23

第2話

honey 2




「うわぁぁぁ!!!遅刻!!!」

いつもより大幅に遅刻してしまった




朝ごはんを食べる余裕もなく私は家を出た




あぁもう。最悪、間に合うかな?
とりあえずダッシュダッシュ





前を見てなかった私は誰かとぶつかってしまった




?「っ...痛てぇなー」



?「ァ?前見て歩けよ」



「え、あのすみません!」



?「あー肩折れたかも〜」


「え、大丈夫です、か?」


「全然、あー慰謝料、慰謝料くれ」



え、え?

私が前を見てなかったから怖い男の人と
ぶつかってしまったよ〜しかも慰謝料くれとか言ってるし〜わ〜どうしよう怖い。




その時だった


?「男がダサいことすんじゃねぇーよ」


男「あ?なんだてめ?」


男「うぉ!!いっ...て〜」


?「まだ殴られてぇか?」


男「ちっ! 」


その男達はどっか行ってしまった





あ、お礼しなきゃ!



「あの、助けていただきありがとうございます!!」




?「あ、うん。」





私を助けてくれた人の顔を覗くととても綺麗な顔をしてて凄いイケメンだった。





ってやばい!!私今遅刻してるんだった!!!




その人の名前だけ聞こうと思って前を見たら消えていた。今度会ったら名前聞こ。








━━━━━━━━━━━━━━━
わぁぁぁぁ(*´∀`*)お気に入り登録
ありがとうございます!!すごい嬉しい
です!!よかったら♡押してください