無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

シルマサ
○カラオケシチュ?
○片想い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
sideシルク
今日マサイが珍しくカラオケ行こうぜって
言ってくれたぁぁ⤴︎⤴︎⤴︎
そうだ!……
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シルク
シルク
うっわ〜!カラオケなんて久しぶり!なに歌おう!?
マサイ
マサイ
はしゃぎすぎじゃね?w
シルク
シルク
あ!あれ歌おう!…
〜色々歌ってる(雑)〜
シルク
シルク
(よし…!このノリならいけるぞ…!)
シルク
シルク
久しぶりにハッピーシンセサイザ歌っていい?
マサイ
マサイ
お、いいじゃん!
シルク
シルク
〜♪…ハッピーシンセサイザ君の胸の奥まで届くようなメロディー奏でるよ〜♪ 
歌える…!
シルク
シルク
〜…大人になってちょうだいねならくていいよ〜♪
シルク
シルク
〜…なんの取り柄もない僕に唯一つ少しだけどできること〜♪
シルク
シルク
ちょっと照れるよな単純な気持ち電子音で伝えるよ〜♪
俺の想いも、歌声みたいに簡単に伝わればいいのにな…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主
やっと一話目
主
前ね、マサシルで一つ書いてたんだよ
主
書いてたんだけどね
主
誤作動により消しちゃったんよ…!!
主
泣くわ
主
でもね、ハッピーシンセサイザしか思い浮かばなかったの
主
それは許してくれ
主
じゃあな!