無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

第10話


今から廉のクラスに行きます!
先輩
先輩
廉くん♥️
永瀬廉
永瀬廉
ご指名ありがとうございます(*^^*)ニコッ
ほ、ホストクラブ!?




な、何あれ。肩に手なんて回しちゃってさ。廉は私のなのに(  ー̀ н ー́ )
岸優太
岸優太
あれ?廉の彼女?
あなた

えっ!?は、はいそうです。

岸優太
岸優太
あっ。俺、岸優太って言います。廉の親友っす。いつも彼女さんのこと、廉自慢げに話してて、いつも写真見せられてるんで。すぐ分かりました!あなたさん。でしたっけ?
岸優太
岸優太
あっ!指名する人決まってる?俺!今空いてるよ?もっと沢山話したいんで!
あなた

はい!あなたです!
じゃあ。岸先輩にしよっかな?お願いします(*^^*)ニコッ

岸優太
岸優太
/////
ここの席、座って?
あなた

ありがとうございます😊

岸優太
岸優太
やっぱ廉の言ってた通り胸おっきいんすね。
あなた

えっ?/////

岸優太
岸優太
あっ。いや、その…
あなた

廉。そんなそこと言ってたんですか?( ー̀ н ー́ )

岸優太
岸優太
いやぁ、
そのあと、色んな話をしてすっごい盛り上がった

気づけば、岸先輩と私は1つのソファに2人で座っていて肩と肩はくっつくくらい

ふと思い出し、廉を見ると女の子と楽しそうに話していた。何あれ。あれ?今一瞬目が合った気がした。気のせいかな
岸優太
岸優太
あなたちゃん?どうしたの?
あなた

いいえ。なんでもないです!

岸優太
岸優太
それでさ…
あなた

はい(*^^*)ニコッ

なぁなぁ。俺もええ?
ギュッ

バックハグ?


そして後ろを振り返ると
あなた

れ、廉?

永瀬廉
永瀬廉
俺もええ?(⌒‐⌒)
岸優太
岸優太
おー。いいよ。いいよ。てか俺。邪魔じゃね?2人でゆっくり話な?
永瀬廉
永瀬廉
サンキュー
あなた

ちょっ。岸先輩!もっとお話しましょうよ!

岸優太
岸優太
ふっ。/////
廉の顔見てみ?
永瀬廉
永瀬廉
(  ー̀ н ー́ )
あなた

あ。すいません(^ω^;)

岸優太
岸優太
じゃあ。また、LINEするな?
あなた

はい!待ってます

岸優太
岸優太
美術館。楽しみにしてる(*^^*)ニコッ
あなた

はい!

岸優太
岸優太
じゃ
岸先輩は、違うところに行った

ギュッ

急に抱き寄せられる
永瀬廉
永瀬廉
なんやねん。あれ。てか、LINE交換したん?美術館ってなんやねん
あなた

こうかんしたよ?別にいいじゃん。廉だってさっき女の人と仲良く話してたくせに

永瀬廉
永瀬廉
あ?
やばい。怒らせちゃった
永瀬廉
永瀬廉
ここで襲われたいん?
あなた

ちょっ。やめて

永瀬廉
永瀬廉
家帰ったら覚えとけよ((耳元
チュッ
あなた

/////

永瀬廉
永瀬廉
てか、美術館ってなんやねん。
あなた

……

永瀬廉
永瀬廉
あ?
言わんとここで犯すで?
はよ言えや(すっごく低い声
あなた

い、一日限定の美術館に私も先輩も行きたくって、廉はその日予定あるって言ってたから先輩といこっかなって

永瀬廉
永瀬廉
……
あなた

廉?

永瀬廉
永瀬廉
ダメや。行かせへん
あなた

ね!なんで!?お願い(இдஇ; )

永瀬廉
永瀬廉
む、無理や
あなた

ねえお願い!(இдஇ; )(上目遣い

永瀬廉
永瀬廉
はぁ。わかった。ええよ?
あなた

ありがと!

永瀬廉
永瀬廉
その代わり。17時までには、帰ってくること。あと、服の露出は、少なくすること
あなた

うん!