無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第3話
屋上。
永瀬廉
永瀬廉
お前。飯いつも自分で作ってんの
あなた

うん。まぁ

無言が続く
永瀬廉
永瀬廉
ごめん。俺のせいで
あなた

え?

永瀬廉
永瀬廉
いや、俺のせいでなんか言われたんかな思って
あなた

別にいいよ。

永瀬廉
永瀬廉
お前はさ。覚えてへんの?
あなた

なにが?

永瀬廉
永瀬廉
ごめん。忘れて
あなた

教えてよ~

永瀬廉
永瀬廉
やーだねー
永瀬廉
永瀬廉
てか、俺先輩やで?せめてみんなの前では、敬語使え(笑)
あなた

あっ!そうだった(*´ 艸`)ふふっ

永瀬廉
永瀬廉
あっ。やっと笑った
あなた

あっ( '-' )

永瀬廉
永瀬廉
だからって真顔になんなや!(笑)
永瀬廉
永瀬廉
お前はさぁ。大橋が好きなん?
あなた

(*´・д・)*´。_。)ゥミュ
ずっとね。でも、ずっと片想いだから

あなた

私は、何をやってもダメで。その上飽き性で?ほんと笑っちゃうよね。( ´•ᴗ•ก)💦

あなた

でもね。和也は、そんな私にも優しくしてくれて、いっつも助けてくれるの

あなた

そっちこそさ、ななちゃんとは、どういう関係なの?

永瀬廉
永瀬廉
あなた

ごめん。変な事聞いて

あなた

無理に答えなくていいy

永瀬廉
永瀬廉
元カノ
あなた

え、?
あ。そ、そうなんだね。

永瀬廉
永瀬廉
俺はな。昔から好きな奴がいて、でもそいつは、俺のせいで事故にあって。
永瀬廉
永瀬廉
そいつが事故にあって、意識不明になって。目、覚めなくて、あと3日で諦める言うてた時に、目が覚めたんや。
あなた

じゃぁ。私なんか辞めて、その人のとこ行けばいいじゃん

永瀬廉
永瀬廉
でもな。そいつ俺の事だけ覚えたなかってん。毎日一緒におったのに
永瀬廉
永瀬廉
それでな。そん時にななに、そいつのことを忘れる道具でいいから、隣に居たいんだって言われて
あなた

廉は、もうその人のこと。好きじゃないの?

あなた

諦めちゃダメだよ!きっと思い出すよ!

永瀬廉
永瀬廉
あのな。その俺がずっと好きだったやつは、おm
大橋和也
大橋和也
あなた!?
大橋和也
大橋和也
探したよ~
あっ!先輩も。何してたんですか?
永瀬廉
永瀬廉
別に
大橋和也
大橋和也
あなた!授業次体育だよ?早く着替えて(つ`・ω・´)っオイデ♪
あなた

あっ!そうだった。ありがとう。和也(●︎´▽︎`●︎)

大橋和也
大橋和也
おう/////
あなたが更衣室に向かった
大橋和也
大橋和也
何してんだよ
永瀬廉
永瀬廉
あ?
大橋和也
大橋和也
その話は忘れる約束だろ?
永瀬廉
永瀬廉
俺はな!
大橋和也
大橋和也
あなたのことを考えろ
永瀬廉
永瀬廉