無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

僕達また捕まりました
あなた

え?クロノアさんが捕まった!?

俺はクロノアさんが捕まったと聞いて警察になって助けにいこうとした......だが、以外にもチェストに入っていたのは囚人服だった
あなた

あのー、これ間違えてません?

??
間違えてないぞ
あなた

え、ちょっとまっ......

ガチャ



ドアを閉められた























刑務所
あなた

......なんでぇ

??
ほら、早く行け
あなた

はい......

クロノア
クロノア
え!?ペイント!?
あなた

クロノアさん......ごめん

??
もう一人連れてくるから、そこで待ってろ
あなた

はい......

死神
死神
うわーん......なんでぇ......
??
ほら、早く入れ
あなた

え!?死神!?

クロノア
クロノア
え!?
死神
死神
え!?クロノアさん無事だったんですか!?
クロノア
クロノア
ああ、石の下敷きになって、
そのときに警察の人に......
死神
死神
そうだったんですね
??
よく聞け
ステイサム
ステイサム
俺の名前はステイサムだ
あなた

ステイサム?

ステイサム
ステイサム
そうだ
ステイサム
ステイサム
それぞれの処刑までの日数は30日だ
死神
死神
あー、クロノアさんもですか?
ステイサム
ステイサム
そうだ
あなた

え?クロノアさんは前からいるよね?おかしくねw?

死神
死神
だよね!だよね!ww
ステイサム
ステイサム
えー
ここの刑務所の説明をしたいとおもう。
死神
死神
はい
あなた

はい

クロノア
クロノア
はーい




ーーーーーキリトリーーーーーーーー



















最後まで読んでくれてありがとうございますm(._.)m
本来はまだつづくんですが、
ちょっといいところで終わりたいと思います。