無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

728
2021/02/25

第4話

4
6 side



3 「りょうが…しよ?」



4 「待って!まだお昼だしみんな起きてるから聞こえちゃう!」




…聞こえてますけど。




こたとキッチンでお昼作って食べて、部屋に戻ってゲームしようってなって、こたの部屋に向かう途中でりょうがの部屋から聞こえてきた会話。




2人が付き合ってることもどこまで進んでるのかも分かってはいたつもりだったけど実際に聞くとドキドキしてしまう。




2 「…すごいね笑」




こたは案外平気そうな顔をしてるが、何となく俺らの間に流れる空気に違和感を感じる。




部屋に戻ってゲームをしてても、いつもみたいに騒げない。




2 「きよは…」




ゲームの音しか聞こえない静かな空間で先に言葉を発したのはこただった。




6 「ん?」



2 「きよはさ、どう思う?」



6 「なにが?」



2 「りょうがとみなと」



6 「仲良しだなと思う」



2 「そうじゃなくてさ…」



6 「ん?」




こたの言いたいことが分からない。




2 「だからさ、男どうしっていうか…」




男同士の恋愛をどう思うかってことか。