無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

792
2021/02/19

第2話

2
6 side


3 「きよこた付き合ってるの?やっぱ出来てるよね?結婚式はまだ?」


6 「わざわざ読み上げんでいいわ」


みなとが俺のTikTokにきたコメントを読み上げている。


こたとの動画をあげると必ずあるコメント。





俺とこたが付き合ってる、とかそういうの。





たしかに仲はいい。


一緒にいて楽だし好きだとも思う。



この歳まで恋をしてこなかった俺に、それが恋愛の好きなのかどうかは正直分からない。



6 「みなとはさ、恋愛対象が男だったん?」


みなとは涼雅と3ヶ月くらい前から付き合ってる。


告白はみなとからだったはず。



3 「んー。涼雅に出会う前は女の子が好きだったけど、なんでやろ。何かきっかけがあったわけじゃなくて、本当に気が付いたら好きになってたんだよね。」



6 「そっか…」



涼雅のことを思ってか笑顔のみなと。



俺がその気持ちを分かる日が来るんだろうか。



そしてその時に思っている相手は、誰なんだろう。