無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

737
2021/02/21

第3話

3
6 side



夜はだいたい市川くんとこたと3人でゲームをして過ごす。



普段と何ら変わりのない日なのに、俺の頭の中は今日の昼にみなとに言われた言葉に埋め尽くされているせいか、何だか違う。




3 「きよちゃんは、もっと素直になった方がいいよ。」




その言葉に込められた意味は、何となく分かりはする。



要するに、俺がこたを好きだと言いたいんだろう。



それを認めないから素直になれ、と。





でも、




認めたところで誰が幸せになれる?



こたの恋愛対象が女の子っていうのは、前にYouTubeを撮ってる時に言ってたから知ってるし。



傷付くと分かってる気持ちに、わざわざ気付く必要はない。






2 「きよ?大丈夫?」





色々考えてたらいつの間にかゲームが始まってた。




6 「ぼーっとしてたわ、ごめん」



1 「ぼーっとしてたわ、ごめん」



市川くんが俺の真似をして、俺を心配そうに見てたこたも笑った。




雰囲気を一瞬で普段通りにしてくれる市川くんは流石だなと思う。