無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

No.11
病院の先生: 中島さんは大丈夫です。だが貧血気味になってこれから倒れてしまうこともあると思うので支えてあげてください。目を覚ますまでそっとしておいてあげてくださいね。
中島健人
中島健人
本当によかった。じんお前彼氏なんだからあなたのこと支えてあげるんだぞ。守ってあげるんだぞ。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
わかってます!任せてください!
あなた

ハッ←目を覚ます

神宮寺勇太
神宮寺勇太
あなたっ!大丈夫?
あなた

だいゥッ胸がハァハァ

永瀬廉
永瀬廉
あなたちゃん?!ナースコール!
病院の先生: 中島さんは胸を刺されてしまったことによって呼吸が少し難しくなってしまう時期が1ヶ月ほどあると思います。もし仕事を続けたいとしたら無理のないようにしてください。
中島健人
中島健人
あなた...
神宮寺勇太
神宮寺勇太
健人くん。大丈夫です。俺が精一杯あなたのことを支えます。
中島健人
中島健人
おう。よろしくな。
あなたが目を覚ます。
高橋海人
高橋海人
あなたちゃんが起きた!
岩橋玄樹
岩橋玄樹
大丈夫?
岸優太
岸優太
大丈夫?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
あなた!呼吸が1ヶ月ほど難しくなっちゃうんだって。だから仕事はそんなに無理しないでね。なんかあったら絶対に俺に言うんだよ?俺がすぐ駆けつける。
あなた

うん!みんなご心配お掛けしました。もう大丈夫だと思う!