無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

No.10
今日は展示会がある。抽選で当たった人が来れる
あなた

今日はみんな来てくれてありがとう!

そして、握手会の時事件が起きた。
あなた

あっ次の人私が喋ってる時にめっちゃ私の事みて睨んできた人だ。なんだろう。怖い...(まぁ普通に話そう。)

あなた

こんにちは!来てくれてありがとう!

客
こんにちは!ずっとファンだったんです!
あなた

(あっ全然良い人だ!)嬉しい!ありがとう♡

客
って言うと思ったか?あん?
あなた

えっ。

客
(カッターを取り出す。グサッ←胸を刺した。
あなた

ウッ。胸が...バタンっ

------------------------------------------------------------------
マネージャー
マネージャー
あなたっねぇあなたっお願い起きて。
マネージャー
マネージャー
胸から出血しまくってる。
早く。救急車来て。お願い。
マネージャー
マネージャー
プルプルプル←じんに電話
ねぇ!じん!あなたがファンに胸刺されて倒れたの!今すぐ○○病院に来て!
ピーポーピーポー
緊急隊員: 中島さぁん!大丈夫ですかー?
ダメだ応答がない。
ピーポーピーポー
------------------------------------------------------------
神宮寺勇太
神宮寺勇太
‪( ;ᯅ; )‬みんな!ヒックあなたがねヒックファンにねヒック刺されて倒れたヒック
平野紫耀
平野紫耀
えっ、嘘でしょ。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
嘘って言って( o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅ )
神宮寺勇太
神宮寺勇太
嘘じゃないの(இдஇ; )だから早く○○病院に行かないと。
岸優太
岸優太
すぐ出発するよ!誰か車出して!
マネージャー(キンプリ)
マネージャー(キンプリ)
わかった!私が運転する。
高橋海人
高橋海人
マネありがとう。健人くんには?
永瀬廉
永瀬廉
あっ俺がすぐ言う
1分後
中島健人
中島健人
おい!あなたが倒れたんだって!ノロノロしてねぇで早く行くぞ!
King&Prince
King&Prince
はい!
長くなりそうなので一旦切ります。