無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

No.3
日曜日
あなた

じんまだかなぁ

神宮寺勇太
神宮寺勇太
ごめんっあなたっ待った?
仕事が予定より遅くなっちゃって
あなた

じんが謝る必要ないよ!
全然大丈夫!

神宮寺勇太
神宮寺勇太
ありがとう♡行こっか
あなた

うん

神宮寺勇太
神宮寺勇太
ギュッ(手を繋ぐ)
俺から絶対離れんなよ?
あなた

/////うんッ
じんありがとう♡

神宮寺勇太
神宮寺勇太
んふふっ
イルミネーションのとこに着きました。
あなた

わぁ( ⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷ωᵒ̴̶̷⸝⸝⸝)きれーい!

神宮寺勇太
神宮寺勇太
あなたそんなに騒ぐなよ。バレる
あなた

あっそうだった

そして、1番綺麗な場所に着いた
神宮寺勇太
神宮寺勇太
ねぇあなた。ちょっと目つぶってくれる?ちょっとだけだから
あなた

うん
(目をつぶる)

神宮寺勇太
神宮寺勇太
(ネックレスを付ける)
はい。いいよ目開けて
あなた

(目を開ける)
わぁこのネックレス欲しかったやつだ!いいの?

神宮寺勇太
神宮寺勇太
もちろんだよ(*´˘`*)♡
あなた

じんありがとう♡
ギュッ♡

神宮寺勇太
神宮寺勇太
わっあなた愛してる
チュッ
あなた

っ//////私も///

幸せな夜を過ごした2人でした。