無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

流星side

え、待って待って

今、風雅あなたちゃんに告白してた、、?

でも、本人にちゃんと聞かないと

よし!聞きに行くか!

流星「ふうがー!」

風雅「んぁ?」

流星「なんやその声笑笑」

風雅「急に呼ぶからやろ」

流星「ごめんやん笑そんな怒らんといて」

風雅「別に怒ってないし」

  「何?」

流星「え?」

風雅「は?」

流星「ひ?」

風雅「ふ?って用があって来たんじゃねぇのかよ」

流星「あー!そうだった!」

  「さっき風雅さ、あなたちゃんに告白してなかった?」

風雅「はぁーー!?」

  「何であんなやつに告白せなあかんねん」

流星「じゃあなんだったん?」

風雅「いや、別になにもしてへんけど…」

流星「まぁ告白じゃなかったから良しとしよう!」

風雅「お前さっきから何言っとるん、怖」

流星「先輩に向かってその言い方はなんだ!」

風雅「え、先輩だったん、」

  「背低すぎて後輩かと思ったわ笑笑」

流星「」

風雅にゴミのように言われましたけども

告白じゃなくてよかった~

next→